イギリス流にほっこりクリームティーしませんか?

0

こんにちは。イギリス在住のライターKANAです

忙しい毎日で、ゆっくりとお茶を飲む暇もない…という方は多いのではないでしょうか。

そんなあなたのために、今回は、イギリス流のお茶の時間をご紹介します。

イギリス人はお茶の時間を大切にしている

イギリスでは、お茶の時間をとても大切にしています。
友達同士で、家族で、恋人と、常にお茶を飲んでいると言っても過言ではありません。

日本では、レモンティーやストレートなど紅茶がありますが、本場イギリスでは、紅茶といえばそれはミルクティーのこと。紅茶に砂糖とミルクを入れて飲むのがイギリス流です。

最近では、さまざまな種類のお茶がありますよね。イギリスでもグリーンティーやフルーツティーなど、色々な種類がありますが、やっぱりよく飲むのは普通のミルクティーです。

イングリッシュブレックファーストという紅茶が一般的です。スーパーなどで売っている場合も、お徳用パックで売っています。イギリスの一般家庭では、いくらたくさんあってもすぐになくなってしまうほど、毎日紅茶をたくさん飲むのです。

イギリスと言えばアフタヌーンティーと思うかもしれませんが、実は庶民が愛しているのは
むしろ「クリームティー」です。

クリームティーって何?

cream-tea

クリームティーというのは、スコーンと紅茶のセットのこと。
最初、「紅茶にクリームが入っているのかな?」と思いましたが、そうではないのですね。

スコーンにつけるのは、たっぷりのクロテッドクリームとイチゴジャムです。
クロテッドクリームというのは、バターとホイップクリームの中間のような感じのクリームですね。

スコーンは半分に割り、ナイフでクロテッドクリームとジャムをたっぷりつけます。どっしりとしたスコーンには、レーズンがたっぷりと練りこまれています。

イギリス人はお茶とともに、チョコレートやビスケットを食べるのも大好きです。
ビスケットには、ダイジェスティブビスケットにチョコがついたものや、ショートブレッド、クッキーなどがあります。
クッキーとはあまり呼ばず、総称してビスケットと呼んでいることが多いですね。

チョコレートは、さまざまな種類があり、みんな仕事の合間や歩きながら食べています。

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

すべてのイギリス人に愛されており、まず嫌いな人はいないようです。
豪華な詰め合わせも人気ですが、チョコレートバーを食べる人が多いですね。

最後に

お茶の時間をゆったりと楽しむことで、心にも余裕が生まれます。

多忙な仕事の合間のリフレッシュや、友達とのおしゃべりに、ぜひイギリス流のクリームティーや、チョコレートを取り入れてみませんか?

ダイエットも気になるところですが、息抜きというのは非常に大切。

毎日が息抜きの連続のようなイギリス人のティータームをちょっと真似することで、小さなことは気にならなくなり、のびのびとした毎日を送れると思います。

 

この記事を書いた人

KANA
KANAフリーランスライター
イギリス在住のフリーランスライター。イギリス・ブライトンで1年半の留学を経てイギリス人と結婚。現在はケント州在住。美容記事、海外生活記事などを執筆中。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!