出会いがない、は言い訳。100回の出会いに、1回の成功あり

2

出会いがない、と嘆くあなたへ

アラフォーにもなれば、20代、30代前半と比較して飲み会のお誘いが激減するのも当然です。

だって、鮮度が違いますから。

正直、一般的に殿方(特に日本)は、若い女性が好き、大好き。

ほしのあきが30歳過ぎてブレークした際に、どうしてあんなに話題になったのか?

ようは、30歳過ぎたグラビアアイドルが居なかったからでしょ?

つまりは、殿方が求めるグラビアアイドル需要は、10代、20代ってこと。 ひいては、殿方は見るだけ (まぁ、出来れば触りたいだろうけど)なら、 若くて綺麗な子が好き、と言うこと。 飲み会だって同じこと、どうせ飲むなら若く、可愛い子たちとワイワイ楽しく飲みたいわけで・・・

が、ここで諦めたら、試合は終了~なわけです。

アラフォー女性でも、出会いはたくさん作れます。 しかし、待っていても来ていた昔とは違いますので、ある程度、あなた自身も動いていただく必要があります。

めんどくさい、自分が動くの嫌だ、と言う人は、 どうぞどうぞ、これからもおひとり様の生活を楽しんでください。。。。

頑張るやる気のある方、進んで行きましょう!

出会いがないなら、作ればいい

日常生活に出会いは、ありません。

自然な出会いがいいわ~、なんて言っていたら、人生あっという間に終わります。

いつか、職場に素敵な独身殿方が入社してきて・・・なんて夢をみているうちに、定年になります。

では、出会いがないなら、作るしかない。

幸い、私たちの生きているこのご時世。 インターネットなるものが非常に普及しておりまして・・・

検索すれば、出会いの場なんて、山ほど出てきます。 例えば・・・

  • フェイスブックで気になるグループに参加してみる
  • 異業種交流会に参加申し込みしてみる
  • 社会人サークル掲示板で、気になるサークルに参加してみる
  • 無料・有料出会い系サイトに登録してみる

一人で、参加するのに多大なる勇気が必要ならば、友人を誘って参加してみたらどうでしょうか?

ネットの出会いなんて・・・と、ちょっと躊躇うこともあるかもしれませんが・・・ あんまり、そこは気にしなくても良いかも。

はっきり言って、周りの人は、かなりの数、ネットを通じて知り合ったり、付き合ったりしています。

ただ、それを隠しているだけです(と言うのが私の持論)。

ちなみに、最近私が活用していたのは、合コンセッティングサイトです。

出会い系サイトが個人戦の出会いならば、こちらの合コンセッティングサイトは、言うならば団体戦。

当方の合コンチームの情報(人数、年齢、趣味、雰囲気等)を入力し、殿方からの交流戦の申し込みを待つ。

もしくは、こちらから、交流戦の申し込みをする!

こんな感じで、一人ではなく友人と参加することも出来ますのでかなり気が楽かもしれません。

まあ、ここで「リーダー(幹事/サイト登録する人)になるの嫌だわ」と言う人、もういいです、この続きを読まなくても。

めんどくさいことを人任せにしている限り、どんなに沢山の出会いの機会があったとしても、すべて通り過ぎて行ってしまいますよ。

出会いがない、は言い訳。100回の出会いに、1回の成功あり

ネットでの出会いが、ハードル高い人。

まずは、周りに「良い人居ないかな?」と声をかけてみましょう。

「恥ずかしい」と、言う声が聞こえてきそうですが・・・ 恥ずかしい、って何が???と私は思っています。

だってさ、自力で見つけられない、ネットの出会いもやりたくない ってなれば、それこそ他力に頼るしかないでしょう。

それも、出来ないなら、やっぱり一人でさみしく過ごすしかないと思います。(一人が寂しくないなら全然いいんだが、、、)

みんながみんな、私のように積極的に出会いの場に行けないことも理解しています。

でも、待っていたら、向こうから殿方が寄ってくるような絶世の美女ならいざ知らず。

アラフォーになった今、少しの恥は脇に置いて、それこそ頑張るしかないのです。

今日、今、この瞬間が自分の生きている人生の中で一番若いんだよ?

今、やらなかったら、1年後後悔しない?

30歳になった時、「あ~、歳取ったなぁ」と思わなかった?

でもさ、今、周りの30歳の子を見て、どう思う??? 「若いなぁ~」って思わない?

私は思っちゃいます。

プラス、あの時もっと頑張っておけば、って思わない??

後悔するのは、もっとずっと後でいいから。 だから今、後悔している時間は、ないのです。

100人合えば、一人くらい良いな、と思う人は現れるはず。

出会いがないを言い訳にしないで、出会いを作って、どんどん人に会いましょう。

今までの人生、無駄に生きてきたわけじゃないでしょ?

自分の「人を見る目」を信じてさ、もう少し頑張って行きましょう!

この記事を書いた人

ひよこ
ひよこ
1970年代生まれのO型、肉食女子です。猪突猛進、と言われ続けて早20年。毎日、沢山笑って、沢山話して、沢山幸せを感じながら生活できるように、日々、精進中!趣味は、お酒と、読書。あと、合コンセッティング。

SHARE.