あなたも生きやすくなる!健全なる多重人格のススメ

1

「本当の自分が彼に出せない」

とか

「いまの自分は本当の自分じゃない気がする」

っていうセルフトーク?流行りましたよね。

でも、ナオコは思うの。

キャラ1つでやり通せるほど、世の中シンプルじゃない。


ちょっと数えるだけでも、役割って多いじゃないですか。

家族との間では、ムスメだし、姉だし、孫だし、長女で跡継ぎだし、義理の妹だしetc
会社では、部下だし、上司だし、調整役だし、営業だしetc
恋人との間では、男性を立てる女性だし(仮)
友達との間では、姐さん的存在だし・・・
多すぎるんだよ!!

これを1つの「本当の自分」キャラで通そうとするって、無理ゲーじゃありませんか?


1人3役くらいがちょうどいい

 

ナオコは3キャラくらいで、この多様な役割を乗り切ってます。

キャラクター的に3つの役割があり

【棘ナオコ】
世の中を斜に構えてとか、批判的に見るキャラ。
悪口とイジワルを担当。笑

【柔ナオコ】
子供。ワクワクとか楽しさを感じる時に出るキャラ。
「甘える」「おねだり」などの飛び道具を担当。

【素ナオコ】
公的な発言担当。
他2名の意見を統合して、炎上しないように纏める担当。
論理性高め。

世に出す前に、三者協議をする

感情が揺さぶられることがあったり
または、1日を振り返って日記を書くとき
FBに投稿をするとき、3人の棘ナオコ・柔ナオコ・素ナオコで会議をします。

ゲームで、一基しかないとゲームオーバーになっちゃうんですけど
三基あれば、純粋な“柔ナオコ”がダメージを受けて潰れているときに
“棘ナオコ”や“素ナオコ”が、現実世界で切った張ったの活動(笑)をして
食いつなぐというやりかたです。

その裏では、ジャムおじさんのパン工場よろしく
柔ナオコの回復メニュー
(美味しいもの・優しい友達・引きこもり読書etc)を繰り広げて
感受性の高い、素直な柔ナオコ(⇒自分で言うな)を再生します。

※基本人格は柔ナオコ。

ちなみに、他人が見て「面白いね」といわれるモノの見方は
棘ナオコ発信の、柔ナオコフォローで、素ナオコ統合な感じです。

棘ナオコが、日常の違和感やイラっとした事を
イジワルなモノの見方をして批評します。

それに、柔ナオコが
「そんな事ないよう、みんな素敵でいい人だよぉ~」と反論し、

棘が「それが甘いんだよ!」とツッコミを入れ・・・

素ナオコが冷静にそれを聞いて、
どのくらいなら毒を入れてもいいかを判断しながら
棘と柔の意見を統合して記事にする、という流れです。

このようにして自分を守ってます。

3基あると思うと、ちょっと余裕

「今日もがんばろー!」
「今日のスタメンだれでいく?」
「えっとねー、オジサマと商談だから、柔ナオコでいこうか」
「賛成!!!」
「私が3人居るから、多少のことがあっても大丈夫よね!」

みたいな。笑

と、ナオコ3人で遊びのように鼓舞しながら、活動しております。
この話をすると、相手にちゃんと向き合ってないような
寂しさを与えてしまうのかも知れません。

しかし、3月に失恋でいろいろもうダメーと落ち込んだ時も
この3人ので役割分担をしながら乗り越えました。

今後とも、3人のナオコを宜しくね。

 

追記

棘の自分で世の中を解釈することは、
自分が傷つきすぎない為に必要なときもある。

でも、ずっと棘キャラで居続けることは世界を極度に狭めることになる。

「あの人は付き合う価値がない」
「あのコミュニティは不公平な人達の集まりだ」
「この会社は理不尽で働く価値がない」

棘キャラは、いろんなことを断じて切り捨てることには役立つけれど、
自分が寄り付かない場所を増やしつづけていると
最後には本当に小さな小さな世界にしか住めなくります。

欲張りでいこう。

本当は欲しいんだけどあきらめることで
「すっぱい葡萄だらけの世の中」になって、食うものがなくなって飢え死にするよ。

それでいいの??

せっかく女に生まれたんですもの。
色んな味わいが欲しいよね。

3人のキャラでいろんな場所に飛び込んで、
許容できる範囲を広げようじゃありませんか♪

それではまた~

 

この記事を書いた人

ナオコ
ナオコ
ベンチャー企業で働くアラサーOL/独身。
“まずは何でもやってみる”が信条。
何でも~が高じて現在は3つの仕事をしている。
趣味は読書。好きなタイプは西郷隆盛。

SHARE.

1件のコメント

  1. Pingback: 【先週】編集部オススメ記事ピックアップ!

皆様のご感想をお寄せください!