モテ女への道は「自由な発想」がスタート、楽しむことで加速する

1

基本的に我慢はできないこにくです。

こんにちは!

先日の人の気持ちは変わる!あなたが苦しい恋を手放す3つの方法。
こにくの「浮気」や「不倫」に対する価値観を述べました。

本日はその続き。もちょっと、深めて語ります。

「浮気」「不倫」という言葉につきまとう後味の悪ーい感じの背徳感は、この「人の気持ちは一時にひとつである」=「好きな人は一時にひとりである」という前提に立っているからあるものであって、その前提がないこにくとしては「不倫」「浮気」の定義がよくわかりません。

こにくが大好きなボーイフレンドたちは、彼女あり、嫁あり、フリー、そもそもそこらへん確認してない、など、さまざまいらっしゃいますが、適当な言葉がないから、だからそれぞれとの関係性に名前は付けない、というのは以前のコラムにも書いたとおり。

「嫁(彼女)がいる」という「事実」と、「自分が彼を好きである」という「感情」は、
そもそもまったく無関係。同等に扱えるもんでもありません。

だから、「嫁(彼女)がいる」ということで、自分が相手を好きな気持ちを抑えなきゃいけない意味が分からないんです。

こにくは、惚れっぽいもんで、「いやん、すてきやわあこの人♥」と思う人がいっきに複数現れることもあります。
(まったくないときも、もちろんあるけどね!)

そんなとき、こにくは我慢とかはできない性格なので、可能な限りすべての関係を良好に保つための行動をとります。

そのためには「相手を縛らない」「自分を相手に縛らせない」という状態をキープするのに神経を使う必要があるわけです。

そしてこれは、自分に旦那や複数のボーイフレンドがいなくても、好きになった相手に嫁(彼女)がいる場合には必要なスタンスです。(ディスられそうですが、この状態がこにくには合ってるのだ。そして、相手によって伝え方はそれぞれですが「あなた以外にも男はいます」ということは伝えます。)

縛らない、縛らせない。そのかわり、二人でいるときは、相手だけに集中します。
限られた一緒にいる時間を最大限楽しむことだけに集中します。
他のボーイフレンドのことも、もちろん相手の嫁(彼女)のことも考えません。

相手が、自分と会ってない時に、誰とどこで何をしていようと、そこには全く踏み込まない。
(相手が話してきたときや、普通の会話の中で自然に嫁や彼女の話に触れることはありますが)

嫉妬することもあるけど、それはこの関係をキープするのには邪魔になるので、
嫉妬=支配欲が頭をもたげないように、いつも自分の感情を監視しておるのです。

そのうえで、この究極的にクローズした1対1の関係を楽しんでおるのです。
目の前にいてる「彼」だけに集中しとるわけです。

ほんで、その状態が、「不倫や複数の交際相手を持つために必要な、大人としての『節度』と『適切な距離』」を作り出すわけです。

そもそもみんな欲張りやねん。

でも、相手を好きになる気持ちを抑えなきゃいけない必要がある人は、います。
それは、「支配欲」を「好き」の感情だと思ってる人ですね。

そういう人は、愛する相手の人格を無視して、彼の周りにいる自分以外の女性を駆逐したくなったりするんだと思うので、
そういう場合は、よくある苦しいパターンの「不倫」ですね。不幸になる人(自分も含め)が生まれるパターン。

でも、「不倫」って言って、世の中の共通認識としてあるのはこの「苦しいパターン」なんだろうなって思うので、
だからみんなほんまに「支配欲」「執着」「依存」で恋愛してんねんなぁ、と思います。

何度も言うように、相手には相手の人生があって感情があって事情があって立場があって、それを自分が縛ったり変えたりする権利はないわけだから、だから当然「嫁(彼女)から奪ってやろう」とか思うことって、かなりナンセンスやとこにくは思うのです。思う権利がそもそもないですね。

「奪ってやろう」なんて前のめりな感じじゃなくとも、「自分だけのものになってほしい」と考えることすら、正直ちょっとキッツイな~と、こにくは思います。

こにくは、「ほんまに女の子ってコワイわ~」と思うことよくありますが、
このむっちゃ欲張りなところがもうほんまにコワイし「すげーな」とも思います。
「自分だけを見てほしい」とか。
「他の女の子と二人で会わないで」とか。
「他の女の子と寝ないで」とか。
「嫁と別れて」とか。
「仕事頑張って」と言いつつ「いつ会ってくれるの」って圧力かけるとか。
そこまで、相手に要求できるのが、こにくはちょっと信じられません。
まあ、適度にそんなわがままも必要でしょうけども、いきすぎるとおこがましいですね。
なので基本的には好きにさしたれよ!ほっといたれよ!と思います。

ふとしたきっかけがあって、嫁(彼女)がおるけどふわっと出会ったあなたとちょっとええ感じになって、
お互いもう好きやん、ってわかって、それで隠れてデートして楽しくて、

それって、もうそれで充分じゃないっすかね?

相手が自分を好きでいてくれて、仕事や家族サービスで忙しいなか時間を作ってくれて、会ってくれて、セックス付きのデートをしてくれて、
それ以上なにを望むの???!!!

それ以上のことを望むから苦しくなるんやと思うのです。

それで苦しむくらいなら、ほかにも男を作ればいいわけです。
そもそもひとりの男に要求するものが多すぎる(求めても無理なことまで)から、苦しいわけで。

恋愛や人間関係に「かくあるべき」っていうのは無い。
友達の言うことに捕われる必要なんかまったくありません。
また、テレビやドラマや映画なんかの「作られたもの」に踊らされて、理想の形に自分の恋愛を合わせようとするのもやめた方がいい。
あんなつくりもんは、美しくもなんともありません。

いちばん気にしなきゃいけないのは「自分が楽しめているかどうか」、
その次に「大好きな相手が楽しんでいるかどうか」です。
この二つが担保されてたら、関係は続くし、相手も自分を好きでい続けてくれる。

人に蔑まれても、一見不幸に見えてるかも知れなくても、
そんな周りの目とかほんとに関係ない。

「そういうもん」を疑いましょう。

不倫や浮気に過度に拒絶反応示す人って、いますね。
そして「あなたかわいそう」「やめときー」的なこと言うてきよるやつ、いますね。

そういう人たちって「妻子持ちに手を出す=不倫=泥沼=悪」っていう一つの方程式しかない。
かならずしもそういうわけでもないのにな…。
(不倫してるからこそうまくいく夫婦関係っちゅーのもあるんやけどな、とこにくは思ったりします)

そういうやつらは、往々にして見識が狭く、想像力もなく、人間観察能力もありませんので
むしろ、こっちを蔑んできてるそいつらのほうが、残念だったりもしますね。
そういう、なにかに「眉をひそめる瞬間」に、その人の隠れた「蔑みの価値観」が現れます。

世の中にはいろーーーんな人がいます。
多様な価値観とバックグラウンドがあって、物事の善し悪しなんか、国境と時代が変わればひっくり返りまくり。

そんな、国境と時代で変わってしまう価値観(9割がそうだと思う)なんか、まったく捕われる必要ない。こと、人を好きになることにおいては。
そんなもんかなぐり捨てて、もっと自由に、生きよー!って、こにくは言いたい。
「執着」や「依存」じゃなくてね!
常識とか、「そもそもそういうもん」と刷り込まれてる価値観を「ほんまにそうかな?」って、疑いましょう。
その価値観は、どっかで拾ってきた、だれかの言葉じゃないですか?

自由な発想は愛のはじまり!

こにくは「なんでなんやろ?」「これってほんまにアカンのか?」「てか、これってほんまにいいか?」と、なにかにつけて考えてしまう性格です。
哲学思考癖とでもいうべきものですが、
それゆえ理解されないこともあるし、友人だった人と離れちゃったことも少なくないですけど、
でもやっぱり自分が納得して生きたい。
大好きな人たちと、いろいろむっちゃ楽しいことをむっちゃいっぱいして、できる限り自由に生きたいと思っております。

そのために取らなきゃいけないリスクもある。
でもやっぱりやりたいことはやりたいし、好きなもんは好きやし、好きな人は好きなんじゃー!
その気持ちは抑えられないので、
なるべく、自分の行動や考えを「そこに愛はあるか?」「自分も周りも楽しくなるか?」ということを基準に観察しつつ、生きています。

失敗することもいっぱいあるけどね!!!(笑)

こにくの価値観は、前述のように、理解されないことも多いです。
しかし縁あって、この場をかりて発信できるようになったので、これからもどんどん自由発想をみなさまにお届けできたらと思っております。
きれいごととかは抜きで。なるべく正直に。
もしかしたらけっこう共感してくれる人、いるかもしれないなあという思いを込めつつ。

自由な発想と価値観を持つことで、いろんなできごとや人を受け入れることができると、
結果的に老若男女問わず、モテます。

男女問わず、みんなもっと自由に、好きな人に好きだよとどんどん言える世界になればいいなと、思っておるのです。

楽しんでいただけたらこれ幸い!!

では、また!

この記事を書いた人

こにく
こにく
遅咲きモテ系30代・広告クリエイティブ職のわりと肉食な女。独身。
お酒と仕事と下ネタと、人生を豊かにしてくれるカルチャーが大好き。
もと「こじらせ」で小デブ。関西在住。
愛と笑い溢れる世界になるように、今日も空きっ腹でビールをイッキ飲み。
一番大事なものは健康。

SHARE.

1件のコメント

  1. Pingback: いい男がいない!の幻想。出会える方法教えます。 | Lifestyle & Co.

皆様のご感想をお寄せください!