【面白さマトリクス】普通・場当たりキャラ・伝説の営業マン・伝説のホテルマン、あなたはどれ?

0

こんにちは。ナオコです。

毎日暑い日が続きますね。体調はいかがでしょうか?

ナオコは春より体力づくりのためにほぼ毎日
スポーツジムに通っておりますが、3ヶ月経ってみて

仲良しの店員さんと
何度すれ違っても仲良くならない人と2通りあることに気がつきました。
何が違うのかな~と思ったんですけど

当たり障りのない規定どおりの接客をする人か

もう一歩踏み込んでくる人か?

の違いやな、と思いました。
前者の人が大半なんですけど、なんで仲良くなれないかって
話しててもツマらんねん!(急に関西弁)

そこでまたマトリクスを作ってみましたよ!(キラーン)

 

面白さマトリクス。

勝手に他人の“おもしろさ”をナオコ分析してみました。

勝手に他人の“おもしろさ”をナオコ分析してみました。

縦軸がキャラ立ち。横軸が時間軸の長さ。
応対のスピードといってもいいです。

ナオコの解説はじめます。さーいってみましょう!

 

まず、普通の人から。

1.普通~ツマラナイ系

やり取りの受け答えだとか、応対のスピードが普通な方。

内容も、「言いそうなことを言ってくる」という人で
うん、普通ね、というスタンダードな人々。
日本人にはもっとも多い。

悪くは無い、本当に普通なんだから悪くはないけど
一緒に居ても感動しなくて、普通で凡庸。

当たり前な感じの対応のひと。

いいんだけど、雇うとしたら
時給1000円以上払いたいか?って言ったら
払いたくないのでここは抜け出さなきゃね、と思うのでした。

 

2.場当たりキャラ命系

この人は、返答のスピードが速いひと。
速いから印象に残るんだよね。

さらに返してくる内容も面白いから刺激的です。

しかし如何せん、キャラ命なのでその場限りです。苦笑

ナオコもそういう所があります。
その場でその瞬間で
いかに面白いこと予想外なことを生み出すか?

に集中しているため、覚えていない。

 

さて、ここからすごい人たちです。

3、伝説の営業マン系

対応スピードが速くて、内容も面白いひと。

自分も売りながら、お客様がちょろっと言ったことも
きっちり覚えている。

仕事は変わることも多いが、
転職してもお客様が相手を覚えてついてゆくタイプ。
ナオコの知り合いにも居ますが
お会いするたびに新しい境地を開拓なさっていて
刺激とワクワクと、しっかり芯のある安心感がございます。

このような人になりたいものだ、と思います。

 

そして最後は

4.伝説のホテルマン系

キャラは極力出さず、
一歩引いて長~く見守ってくださるタイプ。

伝説のホテルマン系の人。
スポーツジムなどでは、少ないかも知れませんが
高額商品、長期的な関係性をベースとする
ビジネスの世界に多い気がいたします。

自分を売るよりお客様第一。
働いている会社や格式を建てて自分は矢面には立たず
そしてお客様との会話も長く覚えている。

歴史の共有が出来ることによる安心感を感じさせる人。

刺激的なのもいいけれど、
年を重ねてゆくとそういう人にも憧れますねぇ。

 

心がうごいたら、チャンス!あなたも分析してみて

いかがでしたでしょうか。

自分の気持ちから、その理由を探って整理してみると
いろんな事が見えませんか?

ナオコは自分が完全に、
場当たり人間だという事に気づいてちょっと凹んみましたよ(^^;)

前回の、恋愛PPMも意外と好評だったので
『勝手にマトリクス分析シリーズ』と称して、また書きますね。

それではまた~♪

この記事を書いた人

ナオコ
ナオコ
ベンチャー企業で働くアラサーOL/独身。
“まずは何でもやってみる”が信条。
何でも~が高じて現在は3つの仕事をしている。
趣味は読書。好きなタイプは西郷隆盛。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!