不倫の末、正妻の座を奪取した女性が使ったワザとは?

0

不倫して正妻の座を狙うのは銀行強盗と同じ。

世間ではそんな女性を「どろぼう猫」扱いします。

しかし、不倫中の女性は密かに「どろぼう猫」になりたい願望があるのではないでしょうか?
本日は、私の目の前で起きた、不倫騒動の末に正妻の座を奪った女性のワザをお話しします。

不倫の末正妻の座を奪った女性は一体何をしたのか?
気になりますね。

ちょっとした知人でしたので、彼女が使ったワザをこっそりあなたにお話ししますね。

不倫の末、正妻の座を奪取した女が使ったワザ

ステップ1、彼をリサーチ

好きになった男性を冷静にリサーチするのは鉄則です。
「どろぼう猫」は、自分の感情に溺れて、「愛があるからこのままでも(不倫状態でも)良い」なんて暢気なことは考えていません。
したたかに、男性のプライベートに忍び込み、男性の「望んでいること」と「望んでいないこと」、男性の「好き」「嫌い」「悩み」の全てを知ろうと努力します。

ステップ2、夫婦関係の隙間を狙い撃ち

どんな夫婦にも隙間はあります。「どろぼう猫」は、その隙間を徹底的に狙い撃ちします。例えば、男性は世界を舞台にしてビジネスをしたいと思っていても、正妻が「日本を出たくない」と思っていれば、「どろぼう猫」は、自分は世界を舞台にビジネスをする男性の後に付いていきたいというようなことを言います。

ステップ3、魔法を使う

「どろぼう猫」は、魔力を利用しているようです。毎晩寝る前に「男性とラブラブになり、正妻に座につく」と祈り続けていたと言っていました(本人談)。どうやら見えない力を使ったようです。

ステップ4、挨拶気配り完璧に

「どろぼう猫」は、ぼーっとしていません。常に周りへの気遣いを怠らず、明るく挨拶し「気配りできる、明るいよい子」を演じます。360度抜かりなく「よい子」をアピールすることで、健気な印象を与えます。

ステップ5、外見は女らしく完璧に

「どろぼう猫」は、女らしく、ちょっとエロティックな洋服をチョイス。メイクは「眼力」を意識。目で男性のハートを射抜きます。
メイクの研究とファッションへの投資はプロ顔負けです。

ステップ6、自分はモテるとアピールする

他の男性の気配をチラツかせ、「自分はモテる」と主張します。男性の競争心を煽り立て、焦らせます。

ステップ7、ゴロゴロとのどを鳴らす

ステップ1~6まできちんとできたら、「ゴロゴロ」とのどを鳴らして男性の下半身がなびくのを待ちます。すでに肉体関係にある場合はステップ1~6をもう一度やり直してくださいね。

ステップ8、奥さんにバレるようにする

ここからが本領発揮です。二人の関係が奥さんにバレるようにし向けます。ワザと男性のポケットにイヤリングを落として見せたり、シャツに口紅をつけて見せたり。男性に自分の爪痕を残します。

ステップ9、夫婦喧嘩を起こさせる

男性の爪痕を見て、夫婦関係に亀裂を生じさせます。一般的に夫が浮気して正気でいる正妻は少ないです。夫婦喧嘩を起こし、家庭内を破壊します。正妻はこれまで男性に見せたことないような鬼の姿をさらします。男性は益々正妻が嫌いになります。
男性の浮気を冷静に見守る正妻だったら、少し様子を見ます。そしてもっと強烈な爪痕を男性に残し、じわじわと正妻の心を傷つけていきます。

ステップ10、シェルターになり、離婚へ

夫婦喧嘩になり、家に居場所がなくなった男性のシェルターになります。そして、浮気して女性と同居しているという既成事実を作ります。男性は最後に見た正妻の鬼の姿を忘れられず、さっさと別れたいと思います。

そうなれば、離婚は秒読み。「どろぼう猫」はめでたく正妻に座につくでしょう。

以上が私の目の前で繰り広げられた、不倫から正妻の座を奪った女の行動の一部始終です。

まとめ

正確に言うと、このカップルは現在離婚調停中です。

女性は正妻から訴えられています。
元夫は、子どもと会う機会は与えられず、莫大な慰謝料を請求されている状態です。

泥沼の離婚劇でしたが、二人はラブラブ。
まるで、ビートルズのジョンレノンとオノヨーコのような運命的な出会いだったと男の方はのぼせ上がっています。

愛は道徳や倫理を超えたところにあるのかもしれませんね。

全ては「どろぼう猫」役になった女性のお手柄。
幸せになるためには運命をも自分の手で作りだす努力も必要かもしれません。

まぁ、勝手にやってくださいな。

この記事を書いた人

はなび
はなび
東北生まれの純和風女子。子どもの頃「猫のように生きる」と決めて本当に猫のような暮らしを手に入れる。野良猫だろうと飼い猫だろうと、彼らは私の人生のお手本です。自分勝手でわがままで自由奔放を堂々と貫き通しています。温泉をこよなく愛し、全国の湯治場に出没中。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!