【言ってはいけない】男性の気持ちが一瞬で冷める32のNGワード集

1

「イラッ」と来ちゃいました。

さっきチャットでちょっと弱音を吐いたら、

「今は競争社会よ、そんな考え方じゃ潰されちゃう」

って言われました。

発言したのは私のちょっと先輩。

時々相談したり絡んだりするのですが、彼女は凄まじい競争意識の高さと負けず嫌いな性格。

なんと某銀行の営業で全国トップを取ったほどの実力の持ち主。

のんびり&マイペースな私とは真逆の考え方なのです。

私を戦場に駆り出し、戦いを挑む彼女。

ちょっと絡むとイライラするので接点をできるだけ持たないようにしていたのに。

魔が差してしまった・・・

もう連絡取るのやめよう。orz

「マウンティング女子」は煙たがれる

こんな女性を世間では「マウンティング女子」と呼ぶそうですね。

ちなみに「マウンティング女子」とは、プライベートの会話がキャッチボールではなく、勝つための試合になってしまい、常に「私ってスゴいのよ」「私の方がモテるのよ」「私の方がデキるのよ」「私の方がいいもの持っているのよ」と相手よりも上位に立ちたいがために、頼まれなくてっもアドバイスしたりコーチしたくなる女性だそうです。

彼女たちにとってもは、相手との会話は勝つための試合。常に勝ち続けるために接するから煙たがられるそうです。

あなたの周りのも「マウンティング女子」っていませんか?

なべちゃんだったら彼女たちのことどうやって叱るんだろう・・・

あ、なべちゃんって言うのは私が銀座時代にお世話になった銀座の黒服。彼がいなかったら私なんて三日で銀座を追い出されるとこでした。

私のノートにはなべちゃん語録がびっしり詰まっていたりするのです。このノートは私の財産。我が家の家宝にする予定です。

今日は、なべちゃん直伝の千年の恋も一瞬で冷める言葉を紹介します。
いくら外見を着飾っても言葉がマズかったら男性から相手にされませんからね。

千年の恋も一瞬で冷めるNGワード集

NGワード1:ガサツな男性言葉

「食う」「めし」「うめー」「でけえ」「おまえ」「ありえねー」「だろ」「じゃねーよ」

などの男性が使う言葉はNGです。

女性らしさを捨てたワードは禁句です。

この世には男性と女性しかいません。男性は女性に対し憧れを持ち続けていたいようです。

女性が男性にそうであるように。
男性も同じなのですね。

なので自分は本当は男性のような性格だと思っていても、女性として生まれてしまったのならば「女性らしさ」は、パンティやブラジャーを身につけるようにゴクゴク当たり前に意識してもらいたいのです。

NGワード2:オバサンぽい言葉

「あらやーね」「よいしょ」「どっこいしょ」「昔はねぇ・・・」「私たちの時代はねぇ・・・」「私はもう歳なので」

など、時代の格差を感じさせたり、もうおばさんになってしまったと印象づけてしまう言葉はNGです。

こんな言葉は、まるでタンクトップにトランクスやブリーフを身につけて商店街を歩くようなものです。

NGワード3:男性のプライドを傷つける言葉

「元カレはこうだったのに」「男のくせに」「分かっているの?」「結局なんなの?」「そんなこともできないの?」「当然でしょ?」「まだ決められないの?」「またここ?もう飽きたわよ」

男性はプライドこそが勲章です。その勲章をいとも簡単に傷つけてしまうともう我慢できません。存在自体を否定されていると思ってしまうのですね。
なので、他の男性との比較や上から見下ろすような言葉、張り合うような言葉はNGです。

NGワード4:男性の考え方や価値観を否定する言葉

「だからいったでしょう」「こっちのほうが絶対に良いから」

男性の考えを否定して自分が正しいと主張する言葉は男性のプライドを傷つけます。自分が正しいと必死になるよりも男性を上手に手懐けるようにすれば、あなたの女っぷりは格段に上昇します。

NGワード5:男性を追いつめる言葉

「何でメールしてくれないの?」「何で電話してくれなかったの?」「私のこと嫌いになったの?」「浮気してないよね?」「誰と一緒にいたのよ?」「何で○○してくれないの?」「また友達とでかけるの?」「昨日何してたの?」

この言葉は女性が何気なく言ってしまう言葉ですが、実は男性は追いつめられているようで大嫌いな言葉です。男性は追いつめられると逃げ出したくなる性質があるようです。

普段からこんな言葉使っていないか?注意しましょうね!

イラっとさせられるのは誰だって嫌ですからね。

この記事を書いた人

はなび
はなび
東北生まれの純和風女子。子どもの頃「猫のように生きる」と決めて本当に猫のような暮らしを手に入れる。野良猫だろうと飼い猫だろうと、彼らは私の人生のお手本です。自分勝手でわがままで自由奔放を堂々と貫き通しています。温泉をこよなく愛し、全国の湯治場に出没中。

SHARE.

1件のコメント

  1. Pingback: 今週おすすめ記事まとめ【8/9-8/17人気記事】

皆様のご感想をお寄せください!