自分で自分にラベルを貼らないで!見えない境界線を取っ払おう!

0

いつもお世話になっております。

ひよこ、です。

先日、婚活友達(基本的に飲み会でしか会わない…笑)がポロリとこぼした一言が、今でも頭の片隅に残っています。

 

「私は、自分から誘えないから・・・」

 

Aちゃん(もちろん仮名)は、話すスピードが私の2分の1、くらいのおっとりした和顔美人。色白で、ストレートの黒髪がとってもキュート。
おっとりした所作、話し方で合コンでも、かなりの人気を博しています。

 

そんな彼女と話していた時に、彼女の発言に対して言った言葉。

 

ひよこ: (Aちゃんと参加した)先週の飲み会で会ったBさんにメールしたけど、返信なかったわ~。飲みに行きましょって、誘ったけど、だめだったわ~。

Aちゃん: ひよこちゃん、すごいねぇ。私だったら、自分から誘えないわ。

ひよこ: だって、連絡先聞いているんだし、メールするのは礼儀の一つだし。誘うって言っても社交辞令も入ってるでしょう。ダメ元で、メールしているところもあるしね(笑)

Aちゃん: そっか~、私は連絡先を交換しても、こっちからは連絡しないな。相手から来るの待ってるわ。

ひよこ: 相手から来なかったらどうするの?

Aちゃん: 自分から誘えないから・・・まぁ、そのまんまフェードアウトだよ。

 

自分から誘えない、誘わない人がいるってことは認識はしている。
そして、それってやっぱりもったいない気がしてしょうがない。

殿方だって、きっと同じ気持ちで待っている

 

以前に、合コンで知り合った殿方(31歳)は、自ら、「俺は自分から誘わないから」と豪語していた。
そのとーり、確かに、私が誘えば、いつでもOKって感じだったけど、私から誘わなければ、デートのお誘いはなかった。

 

でも、メールは毎日やりとりしていたし、「XX行きたいねぇ~」って話はしていた。ただ。
具体的な日程とか、一切誘いの言葉が出てこないので、私から誘っていた。

 

彼曰く、「断られるのが怖いから」とのこと。
はっきり言って、そんなの私だって同じだ。
毎日メールして、こちとら「好意を持ってます」ってアピールをしているにも関わらず、それでも、「誘えない」って・・・。
と、思っていたけど、私が幸い「誘える人」なので何にも問題はなかったわけで・・・まぁ、結局うまく行かなかったけど、それはまた別の要因です。

 

誘える人 VS 誘えない人 だった場合には、何とかデートは実現する。

これが、誘えない人 VS 誘えない人 だった場合、どちらも相手からのお誘いを待っているから、どこにも行けない。
デートが実現しない。

 

そもそも、@合コンで、初対面の相手に向かって、連絡先を交換しながら、「私は自分から誘えないので」なんて、なかなか言えるものではない。

 

そんなこと言われてしまったら、

私なら、「え?私が魅力ないって言いたいのか?」
「誘うなって予防線か?」
と変な勘ぐりをしてしまう。

 

いつも、女性陣に対しては、「もっと積極的に~」と声高に叫んでいる私だけど、最近は出会う殿方がみんな「デフォルト草食」な感じ。
殿方よ、もっと積極的になってくれ~。

 

肉食男子なんて、絶滅危惧種なのかも知れない。
このままでは、地球は肉食女子しか残らず・・・なーんてことになったら。

弱肉強食・・・恐ろしー。

 

自分で決めたラベルを剥がしてみる

 

「私は、誘えないから」と、発言しているアナタ、まずその発言を止めてみましょう。
口に出せば出すほどに、自分でもそれが強く自分に刷り込まれるのを感じませんか?

 

アナタは、「誘えない」のではなく、「誘わない」のです。

傷つくのが怖いから、だから誘わないのでは?
普通に生活していても、出来る限り、傷つきたくないよね?でもさ、こんな傷なんて、後から思い出したら、かすり傷でもなんでもないよ!ほんとに。

 

そもそも、たった2時間、3時間酒席を共にした相手に、自分の何が分かるというのでしょうか?

 

断られたのはアナタのパーソナリティや外見が理由ではありません。
たまたま、ご縁がなかっただけです。

 

プラス、前述したように、殿方だったかなり臆病なのです。自分から誘えないのです。
だからこそ、自分から、さらりと、明るく、軽く誘ってみればいいのです。

 

無視されても、断られても、
「私とデートしないなんてもったいないわね。お楽しみはこれからなのに」
くらいの勢いで行きましょう。

 

「誘えない」って、自分で自分にラベルを張って、意味のないルールを決めているだけで、損していることってたくさんあります。

 

やった後悔より、やらなかったやらなかった後悔のほうが大きい

 

良く聞くセリフだと思います。
でも、これホント。あとね、やってみなきゃ、何事も成長できません。

 

私なんて、アナタが想像できないくらいの回数振られているし、メール返信なしなんて日常茶飯事です。

 

凹まない、わけないじゃない。でも、そんな凹みだって、何度も経験していると耐性が出来てくるのよ。
アラサー、ミドサー、アラフォーの私たちには、ためらってる時間、凹みまくっている時間はないのよ。

「あ~、また次いくか~」これくらいの、強さがないと、ね。
誘われるのを待っている、ってのは、相手に主導権があるわけよ。
もっと、自分の周りのことは、自分でコントロールできるようにしないと。
人生そのものも、待ちの姿勢になっちゃったら、もったいないよ~。

 

・・・でも、私だって、言うほど完璧にコントロールできてるわけじゃないよ。

だから、こうやって書いていくことで、自分を鼓舞しているの。

一緒に、頑張ろう♪
では、またねん。

この記事を書いた人

ひよこ
ひよこ
1970年代生まれのO型、肉食女子です。猪突猛進、と言われ続けて早20年。毎日、沢山笑って、沢山話して、沢山幸せを感じながら生活できるように、日々、精進中!趣味は、お酒と、読書。あと、合コンセッティング。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!