相手に求める「条件」を捨てた時、絶対的味方が、絶対に現れる

0

いつもお世話になっております。

ひよこ、です。

過去の婚活の遺産?で、最近も数名の殿方とお食事に行ったり、飲み会を開催したりして、相変わらず飲んでいます。

 

で、以前にも記事に登場していただきました、3年前に頻繁にデートしていたTさんの話。

 

なんか、彼の発言が、「当たり前のこと」なのに、ジーンときて思わずうるっとしてしまったので、紹介したいと思います。

 

そもそも、婚活において、「結婚」と「恋愛」は両立できないのか?

既婚者の方に婚活の話を面白しろおかしく話していると、たまーに、「ひよこちゃんは、結局、”結婚”したいの?それとも、”恋愛”したいの?」と聞かれたりします。

 

「婚活」を始めるまでは、「好きな人と結婚する」ことが当たり前で、自然なことだと思っていた。

 

恋愛が発展して、そして自然に結婚と言う流れ。

 

「”恋愛” イコール ”結婚” 」

 

私の周りの20代~30代前半で結婚した友人たちは、だいたいこの流れ。

 

でも、今の私の周りは、「婚活」をしなければ、「結婚」にたどり着けないのが現状。
「結婚」という目標があり、それを達成するために、相手を見つけ、そして好きになる。

 

その、「好き」になるために、非常に努力をしなければならないし、かつ、相手にも好きになってもらわないといけないので・・・かなり疲れる。

 

「大好きな人とずっと一緒に居たいから、結婚する」という、シンプルかつ、本来そうであるべき(だと思う)
「結婚」の形が、大きく変わってきているのは、あなたも認めざるを得ないと思う。

 

20代前半、頭の隅から隅まで探しても、「結婚」の文字がなかった頃、もっともっと自然に好きな人が見つかったし、自分の気持ちにも素直だった気がする。

 

今は、どうなんだろう・・・。


相手男性が求めるものが、「自分の子供が欲しい」だった場合

センシティブな話題なので、うまく伝えられるか分からない。

 

「婚活」をしていて、沢山の殿方に出会った私の印象、そして実感は、殿方は、「自分の子供が欲しい」。

 

つまり女性に求める条件の中に、「子供が産めること」が入ってくる。
そして、その条件は、第一条件である場合がかなり高い。

 

35歳を過ぎたら、高齢出産。

そもそも、女性は年齢を重ねると、妊娠自体しづらくなっていく。
若く、健康な身体であるほうが、妊娠、出産にも適している。

正直、私自身、自分が自然妊娠出来るのか、不安がないわけではない。

 

「子供が欲しい」と考えるならば、まさに悠長に「合コンだ!」「殿方とデートだ!」なんてやってないで、とっとと、ターゲットを見極めて、結婚、そして妊娠、出産と進んだほうが良いに決まっている、これは年齢的な観点から見た話よ。

 

「出来れば、女性は若いほうが良い」と男性が言うのは、女性の若さゆえの可愛らしさ、だけを求めているものではなくて、「若いほうが子孫存続の可能性が高い」からという本能的なものもあると思う。

 

ネット婚活をしていて、自分が良いな、と思った人にメールをしたら、
「子供が欲しいので・・・あたたは年齢的に厳しいのでお断りします」と、30代殿方に返信されたこともある。

 

「35歳、過ぎてるでしょ?子供出来るの?」と、面と向かって言われたこともある。

「外見は若く見えても、身体機能は結局35歳だからね」

 

そうだね。

 

「子供は欲しいけど、そのために結婚するわけじゃないから」

 

Tさんと、ランチデートしていた時の彼との会話。

 

Tさん: 最近、そろそろ結婚しようかと思って、合コン行ってきたんだよね

ひよこ: どうだったの?

Tさん: うん、まぁ。ぼちぼち、かな~。連絡先は聞かれなかった(笑)

ひよこ: どういう人が好みなの?

Tさん: 明るくて、タバコ吸わない人かな~

ひよこ: 年齢とかは? (Tさんは30半ば)

Tさん: いくつでも良いけど・・・年上でも、年下でも

ひよこ: Tさん、子供欲しいんだよね? だったら、年上って(妊娠するのも)難しくない?

Tさん: うーん、相手が子供を”どうしても”望むなら、自分も含めてどんな治療も受けるし、
出来るだけ協力はしたいよね。体外受精とか・・・

結果、もしも子供が出来なくても、相手が欲しいというなら、養子を考えても良いし、相手次第だよ。

別に、子供だけが欲しくて、相手と結婚するわけじゃないからね。
相手のことが好きだから結婚するわけだしね

なんて、言えばいいのか正直分からなかった。ちょっと、うるっと来た。
当たり前の、シンプルすぎる「好きだから結婚する」ということを忘れていた。

 

好きだから、ずっと一緒に居たいから、「結婚する」

「婚活」という特異なシチュエーションでは、とかく「条件」が最重要視されます。

年齢、学歴、仕事、収入、もろもろ。

 

それらが、すべてクリアされて、初めて「好きになる努力」をし始める。

 

だから、何度合コンに参加しても、イベントに参加しても、その条件を満たす殿方が現れなければ、「今回も、良い人居なかった」となる。

 

話してみて、「良いな」って思っても、「あ~、高校卒業はNGだわ、私」とかって、本気で言う人もいる。

 

逆に、「こいつ、ちょっと匂うな・・・」と思いつつも、「でも、高学歴だし、いいとこ勤めているし」って、付き合ったりする人も居る。

 

こういう判断基準で殿方を選別していくと、当然相手からも、「子供が産めるかどうか」って、基準を持ち出されて、結果「お断り」されたりもする確率が多い。


ある意味、そこはフェアな世の中になっていると思う。相手は、自分を映す鏡、だから。

 

今、婚活をしているあなた、私はこれからもあなたの「婚活」を応援していきます。

 

でも、もしも、まだ「条件」にこだわっているならば、それだけは早めに捨ててしまって!
この先、どれだけの殿方に出会う機会があったとしても、殿方の人柄ではなく「条件」だけにフォーカスをしている限り、たぶん幸せにはなれません、目標である、「結婚」は出来たとしても。

 

 

こんな風に、えらそーの書いてるけどさ・・・、
長い婚活歴の中で、私もずーーっと、「条件」だけにフォーカスをしてきました。

 

そして、今とても後悔している。

もっと、もっと早くに、「条件」なんて捨ててしまえば良かった、と。

 

自分が「条件」で探している間も、人柄が良く、私と合う人はたくさん居た。
でも、「条件」というフィルターが私の目を覆っていたので、何も見えてなかった。

 

 

逆に、「こいつ、ちょっと(合わないかも・・・)匂うな・・・」と思いつつも、
「でも、高学歴だし、いいとこ勤めているし」って、付き合ったりする人も居る。

↑ ↑ これ、過去の私。・・・うまく行かず、すぐにお別れした。

 

 

「条件」をなんとか、やっとこ外せるようになった私の目の前には、本当に沢山のいい殿方が現れるようになった。

 

というか、目に映るようになった、という感じかな。
もっと、もっと、自分の視界を広げてみて。「条件」フィルターなんて、外しちゃって。

 

もっとシンプルに、「好きな人」を見つけるために、狩場(婚活)に出かけようよ。
好きな人が出来て、それが運命ならば、ほっておいても、その先に「結婚」はあるから。
最後に、友人(既婚)との会話。

 

ひよこ: 「結婚」って、どんな感じ?

友人: 仕事や、友人関係でどんなに辛いことがあってもね、家に帰れば、
絶対に自分の味方でいてくれる人が居てくれるってすごく、安心感がある。

私も、旦那様にとってそうでありたいと思うし。

 

絶対的味方、そんな人を見つけるのが婚活の目標!
そんな殿方が居てくれたら、私はもっと、強くなれると思う。(精神的にね!)

 

では、またねん。

この記事を書いた人

ひよこ
ひよこ
1970年代生まれのO型、肉食女子です。猪突猛進、と言われ続けて早20年。毎日、沢山笑って、沢山話して、沢山幸せを感じながら生活できるように、日々、精進中!趣味は、お酒と、読書。あと、合コンセッティング。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!