友人からのアドバイスを全部そのまま取り入れて合コンに行った結果

2

いつも、お世話になっております。

ひよこ、です。

あなたは、人からもらったアドバイスを素直に聞くことができますか?

「そういう意見もあるんだなぁ」と他人からのアドバイスをいったん素直に受け止めて、それを実行することができますか?

 

あなたはときとして、人からの好意的なアドバイスであっても、「個人的な攻撃」と捉えることはありませんか?

例えば・・・これは、私の例ね。

「もう少し、明るい色の服を着てみたら?」

これに対して、

今、着ている服が似合ってない??
私のセンスがおかしいってこと?

自分が否定された気分になっていました。
となると、せっかく行為から出たアドバイスすらも、素直に受け取ることは出来ず・・・結果、何も変わらない、変われない私。

自覚はしています、私の性格は「頑固で面倒くさい」

私の性格を一言で表すと、「頑固」、だと思う。自分は間違っていないって、いつも思っていた。

外装を「頑固」で固め、「自分は間違っていない」と強く見せながらも、性格の根幹にあるのは「私なんて・・・」という「卑屈」。
この二つに、「自虐」がブレンドされて、かくも「メンドクサイ性格」が出来上がってきているのである。

 

が、ここ数年、こんな自分を持て余してきているのも事実。
頭では、分かってる、自分の全てが正しくないことも、他人の意見を受け入れて生きていくことの大切さも。

 

でも、やっぱり難しいんだよね、なかなか変われない。

 

さて、本題に入りましょう。

 

私の顔は、「派手」だ。そして、反比例するかのように、私の服装は「めっちゃ地味」だ。

今までの人生を生きてきた中で、何度も何回も、いろんな人から、「もっと派手な服着ればいいのに」とか、「きれいにお化粧したらいいのに」と言われてきた。

でも、「似合わないし」「お化粧下手だし」と、口にこそ出さないけど、
「別にこのままで何がいけないのだ?」と思っていた、誰にも迷惑かけてないし。

ここ2週間で、4人に言われた、「外見を変えたら?」

何のタイミングが重なったのか分からないけれど・・・ここ2週間、会う人ごとに、同じ趣旨のことを言われた。

「髪型、重たいよね」
※切ったら、可愛いよ(というアドバイス)

「服装ださい、疲れたおばさんみたい」
※原色の服とか着たら、可愛いのに(というアドバイス)

「すっぴんかよ!」
※きれいにお化粧したら映えるのに(というアドバイス)

「黒ストッキング暑そう」
※生足見たい(という下心 笑)

たぶん、最後の一つは男性的スケベな意見が入っているかもしれないけど。

ま、こんな感じで、外見についていろんなアドバイスをもらった。

「えーーい、私は、私らしく行くからうるさーい」と、はねのけることは簡単だ。
でもね・・・、実は一番自分が自分に納得してないわけよ。

私は外見にコンプレックスがあるから、とにかく目立たないように、そっと地味目に生きてきた。
でも、本当は、本当のところは、もっと可愛らしくしたいし、素敵な女性になりたい!

 

あと、簡単に変えちゃったら、それこそ「今までの自分」を自分が否定することになりかねないから・・・。

アドバイスに従ってみた、(安直だが)成功体験しかなかった!

さて、土曜の夕方と言えば、「合コン」の予定しか入れません!
ということで、合コンのメッカ銀座にて、友人と待ち合わせ。

これから、狩場へ出かけます。

今日の私は、一味違います。

いつもは顔の丸さをカバーするために下ろしていた髪の毛を
「可愛いピンクのヘアアクセサリーでまとめてみた」

 

今まで一度も着たことのない
「白のウエストマークのワンピース(しかもノースリーブ!)」

 

箪笥の奥で眠っていた
「薄ピンク色のカーディガン」

 

いつもはばっちりアイラインが好き
「流行りのたれ目風メイク・・・(恥)」

 

黒のストッキングなしの
「生足&赤のペディキュア」

 

 もう、必死(笑)。この二週間、4人に言われたアドバイスを集結して、出来る限りの変身を試みてみた・・・。

ウエストあたりが、かなりきついけど・・・それでも、笑顔で狩場へGOよ!

 

友人からは、
「可愛いよ!」と褒めてもらえた。わーい。

初対面の殿方@合コンからは、
「美人さんなので、緊張します」やったーーー!!

良いのよ、お世辞でも。嬉しさに変わりはなし。

 

「大げさだなぁ~」・・・たかが、そんな変化?って思ってる?
私にしてみたら、ものすごく勇気のいることだったのだよ。

街で見ず知らずの殿方に声かけて、飲みに誘うよりも、銀座のど真ん中をノースリーブ着て歩くことのほうが、よっぽど勇気のいる行為なのです。

チェンジ、イエス、ウィ、キャン 「Change. Yes, we can」

毎回あなたに伝えていること、「自分が変わらないと何も変わらない」ってこと。

いつもはソフト面(考え方)についてで、あなたに言っています「自分が変わらないと何も変わらないよ!」って。

そして、今回は私がハード面(外見等)で変わってみました。

アドバイスを受けるのが下手、というか、素直に人の意見を受け入れられない私を、頑張って変えてみた。
でも、それを実行するためには、やっぱり、ソフト面での「他人の意見を受け入れる」って思考の変化が必要でした。

 

他人から見た自分を必要以上に気にする必要はないのよ!って話をしたいわけじゃない。

今回は、そんなところがテーマでないことは分かっているはず。

今回は、頑固な私が「他人の意見を受け入れられるかどうか」が問題でした。

 

常に、自分に自信がないのに、自分が一番正しいと思っている、この矛盾した自分をどうしたら、変えられるのか・・・。

 

年齢の話なんてしたくない、だけど・・・37年伊達に生きてきたわけじゃない、だからこそ、他人の意見がどんなものであっても、自分の意見を優先したくなる気持ちが大きいのだ、自然と、無意識で。本能的な自己防衛、なんだと思う。

でもね、私は変わりたかったのよ、今の自分を全否定はしたくないけど、でも変わっていきたいのよ、もっと居心地のいい自分に。

「変わりたい」って思う気持ちがあれば、いつでも、どこでも、何からでも変えることが出来る。そういうことをなんだよね。

たかが、服装(髪型)、されど、その変化の影響はとっても大きいと思う。

 

そして・・・今回気が付いた!

 

ハード面(外見)を変えたら・・・ソフト面(思考)が、おおらかになってきたぞ。卑屈さ消えてきた??
私、明るくなってきた?(笑)

 

何よりも、・・・辛口であるけど、私のことを想って「アドバイス」くれた友人たちに感謝する、自虐&卑屈の面倒な私にいつもお付き合いありがとう。そんな友人が”自分”には居る、って、とっても幸せなこと。私の人生、かなり幸せ。

ちなみに、「自分のことを想ってもらうアドバイス」と、相手の意見だけを押し付けれられる「相手の希望のアドバイス」は、違うからね。
それは、単純に相手があなたに、「こうして欲しい、こうなって欲しい」というエゴ意見だ。

というわけで、もしも、あなたも何か変えられたら、そんなチェンジがあったら、是非教えてねん!

 

でも、今日も会社には、地味目の服装で出勤・・・。
地味目の服装が落ち着くのも、事実・・・ふふふ。焦らず、ぼちぼちね。

 

またねん!

この記事を書いた人

ひよこ
ひよこ
1970年代生まれのO型、肉食女子です。猪突猛進、と言われ続けて早20年。毎日、沢山笑って、沢山話して、沢山幸せを感じながら生活できるように、日々、精進中!趣味は、お酒と、読書。あと、合コンセッティング。

SHARE.

2件のコメント

  1. Pingback: 今週おすすめ記事まとめ【9/9-17人気記事】

  2. Pingback: 今週おすすめ記事まとめ【9/18-22】

皆様のご感想をお寄せください!