自信がなくても理想の自分になれる。75キロでも彼氏がいたよ

1

ダイエットしよう!!と思っていた夏が終わりました。

・・・ナオコです。

今年も水着を切れませんでした。
先週、ひよこさんも記事にされていましたが
ダイエットは女性の永遠の悩みですね。

小学校のときに70キロを超えたことがあり
それからずっとデブ人生です。

デブ…デブとは苦渋の道です。
ずっと普通の体型で生きている人とは
違う世界に住んでいると思います。

とは言うものの、20歳を超えてから少し痩せました。
体重の増減が激しく
プラマイ25~30キロの幅があります(苦笑)

いま、ちょっと肉付きの良いがっしり体系です。
(これも悲しい)

 

いまどんなダイエットをしているかというと
筋トレです。

自己流に限界を感じて、
そろそろライザップにお世話になりたいと考えています。
不思議なのが、体型・体重に関しては、他人は気にしない程度の人も
ダイエットダイエット、と一生懸命であること。

人それぞれ、理想の自分は違うのですよね。
そこに近づきたいが為に努力するんでしょう。

そんな努力、美しいと思います。
私も理想の自分になりたい。

さてところで、何のためにダイエットしたいですか?

彼のため、仕事でもっと自信をつけたい、など等・・・
皆さんさまざまかも知れませんが

ナオコは

「痩せたらなんでも上手くいく」と思って
ダイエットをがんばろうとしていました。

つまり、モノゴトが上手くいかない原因は太っているいから

と思っていました。

先日の占いに引き続き、非常に他力本願と依存の強い女性でした。

 

でも、そういう時のダイエットは上手くいきません。
そして、痩せただけでは、彼はできないし仕事も上手くなりません。
さらに言うと、痩せなくてもモテます。

ナオコは75キロあった時にも告白をされて彼氏が居ました。

そのときの自分を振り返って、まとめてみようと思います。

1.太っていることで卑屈になってない
2.容姿以外に自分の心のよりどころを持つ
3.明るくてよく笑う
4.素直に好意を表明する
5.自分を女性だと思っている
6.痩せている人が好きな男にはいかない

これ、太ってても痩せてても大事なことだと思いませんか?
解説します。

1.太っていることで卑屈になってない

卑屈は罪です。
相手を疲れさせます。

会話のいたるところで「私なんて…」といわれたら
いちいち慰めてあげるの面倒くさくないですか?

2.容姿以外に自分の心のよりどころを持つ

なかなか難しいかも知れません。
ナオコは、心のよりどころは読書と仕事でした(モテなさそうw)

読書は、偏りすぎてしまうと知識ばかりの頭でっかちになってしまって
人を見下す材料にしてしまうかも知れないので気をつけて。

ナオコが良かったのは、人が絡んでくる仕事を拠り所にできたことが
知識偏重にならずに良かったのかも知れません。

とにかく、ひとつ自分の心の拠り所を持つこと。
それは日記を毎日続けている、でもいいし、空き缶拾いを続けていることでもいいんです。

3.明るくてよく笑う
4.素直に好意を表明する

私なんかに、好きって言われたら気持ち悪いかな
私なんかが、近くに行ったら暑苦しいかな
私なんかが、笑いかけてもウザイかな…

といつも下を向いて目を合わせないようにしていました。
暗い奴ですよね。

ちゃんと目を見てありがとう、と言って
気がついた事は「素敵ですね」と褒めてあげる。

それだけで、

好意を伝えることに、卑屈になる必要もないし
逆に「好意」を切り札にしようとして出し惜しみする必要もありません。

もっとアナタの好意を伝えていい!と思います。

5.自分を女性だと思っている

意外と、太っているときに自分を女性と認識できないもの。
でも、本人が自分を女性だと思って生きてないと
周りもアナタを女性として扱ってくれません。

「女性」でなくても
「ちゃんと心を持った尊重されるべき人間なんだ」と思っているだけで

周りの人間はちゃんと扱ってくれるようになります。

だから、不当な扱いをされたら怒ったほうがいいし
ちゃんと扱ってください、と主張するほうがいいのです。

 

6.痩せている人が好きな男にはいかない

これ、一番最後に書いたけど、彼氏をもっとも大事です。笑

価値観の優先順位の高いところに
「痩せている」ことがある人は、当然に私(太っている人)を選びません。

許容してくれる人と付き合うか
どうしても痩せてる人が好きな人に選ばれたければ、その範疇に入るべく努力をするべし。

 

いかがでしょうか。

ダイエットの手法は数あれど
痩せるまでには、やっぱり数ヶ月とか、長いと数年の歳月を要します。

それまで、影のように人生をすごすのではなく
いますぐ理想の自分を演じてしまうのもありですよ。

いますぐには、理想の自分になれなくても、
そんな自分に少しでも近づくことができるのではないでしょうか。

ちょっと、「それができないから困ってんのに!」ということがあったら
コメントでもメッセージでも、ください。

それでは!!

この記事を書いた人

ナオコ
ナオコ
ベンチャー企業で働くアラサーOL/独身。
“まずは何でもやってみる”が信条。
何でも~が高じて現在は3つの仕事をしている。
趣味は読書。好きなタイプは西郷隆盛。

SHARE.

1件のコメント

  1. Pingback: 魔性の女と心の闇

皆様のご感想をお寄せください!