今週おすすめ記事まとめ【9/9-17人気記事】

0

こんにちは。ディレクターの岡本です。

先日、久しぶりに友人と会いましてね。友人たちは、いわゆるバリキャリ的な女性です。

その会話の中で、ちょっと気になるフレーズがありました。

「あの人たち、時間の大切さとか責任感とかないから」

あの人たちというのは、職場を一緒にしている働くママさんのこと。

なんかこういう書き方すると炎上しそうで怖いですが。笑

職場で責任感をもって働いてる女性は、子供が風邪ひいて出勤できなくなったなどというママさん達を、ちょっと厳しめな目で見る傾向があります。

ま、わかりますけどね。

でもなんだか寂しいなと思いました。だって、バリキャリな女性も、働くママさんも目指すものは一緒なんです。

あなたは、「働くこと」のお金以外の対価としてどんなものが得られるか、考えたことありますか。

たとえば同じ職場に、バリキャリ女性とママさん、2人が一緒に働いていたとします。

 

A:バリキャリ女性さんは、深夜残業当たり前。仕事にやりがいを見つけてる

B:ママさんは、家庭以外の場所を作りたい。働きたいと思い、やっと希望の職場を見つけた

 

「仕事を楽しみたい。仕事を通じで社会との接点、しいてはお客さんのためになることをしたい!」というゴールは一緒だけど、それぞれの背景や自分のルールが違い過ぎる。

バリキャリ女性の気持ちはよく分かります。なぜなら私も昔、そうだったから。プライベートを犠牲にして仕事してる分、他人にも厳しくなる。子供がいない分、思いきり仕事に集中できるから、自分の基準で仕事へのコミットを求めてしまう。実はママさんたち、自分の時間が殆んどなくて、彼女たちこそ時間に追われる日々です。

ママさんの気持ちは正直想像でしかない。なぜなら私、子供がいないから。いつも誰かのために生きてるママさんたち。夫のため、子供のため。社会との接点を持ち、仕事することで、自分の価値を感じる機会を持てたらいい。ただ日本の会社は拘束時間が長い前提でルールが作られています。みんなそのルールで動いてるのが現実。

さて、あなたはどちらの立場に近しいですか?どちらが正しいのではない。どちらも正しい。ただ背景が異なるだけ。

働くって、こういうことに気付けて、人としての幅が拡がる作業と私は考えます。お金以外の価値の一つとして、わたしはそう考える。

同じ状況に対しても、おかれた環境によって解釈が異なります。このウェブマガジンは多様性を大事にしており、女性のリアリティをベースにしています。あなたのルールや価値観に近いライターを見つけて楽しんでほしい。

価値観が違っても多様性を楽しむ。これらの記事は女性のリアルが書いてあります。


まずは今週の人気記事からどうぞ!

 

今週の人気記事

第三位  どんどんしようぜ「転職」!女子たちよ、そのサバイブ能力を発揮するときやで!(前編)

ライターこにくの記事。こにくの転職歴。凄まじいです。普通だったらちょっと驚くけど、でも彼女が凄いのは、ちゃんと自分でルールを決めて転職をしています。だから得られるものもあるし、転職活動も成功してる。何を大事にしているか。何のために働くか。働くことでどんなことを得ているか。それが明確です。

第二位 友人からのアドバイスを全部そのまま取り入れて合コンに行った結果

ライターひよこの記事。ひよこの合コンレポ。自分のことって分かるようで分かりにくい。他者からのアドバイスを疑わずに、素直に実行した結果があります。結果的に、嬉しい収穫があった様子。

第一位 「めんどくさい女」って言われるパターン5つが当てはまりすぎてヤバイ

ライターはなびの記事。めんどくさい女、、、。めんどうくさい女って、どうやら分類できるらしい。ええと5つもあるのか?!この5つに共通するのは「私は愛されない」という間違った観念のような気がします。相性はもちろんあるけど、生まれて今存在してるということは、親からそして友人や周囲の人たちのサポートがあったから。だからみな愛されてるはず。

 

続いて編集部おすすめ記事です。

 

編集部おすすめ記事

「ムカつく女」に共通する10の原因と、出会った時の対処法

ライターはなびの記事。先ほどはめんどうくさい女の記事がありましたが、今度はムカつく女です。ムカつく女、、、、いますよね。イラッとするというか。わたしは損得勘定で付き合う女はいやだなー。

ユニクロの「かりそめパリジェンヌ」の提案は本当におしゃれなのか?

ライターmaiの記事。ユニクロを題材にしてますが、みんな同じに見える日本人女性をばっさり切っています。既に持っているものを磨いていく、自分の感度を高めていこうよという提案。

嫌われることもけっこうある。でもそれでいいんやで。こにく的突き抜け方教えます。

ライターこにくの記事。こにくは自分が明確である分、こにくを好き嫌いか、激しく分かれます。でも好きになる人はすごく熱心なファンになる。嫌いな人は離れる。結果的に、自分の周りには自分を好きな人しかいなくなるから、それって良いんじゃない!?

 

いかがでしたか?あなたのお気に入りの記事やライター見つけられましたか。

来週もお楽しみに。

この記事を書いた人

岡本 百加
岡本 百加
Lifestyle&Co.の編集長。ライター採用や記事の編集ディレクションを行っている。お酒に飲まれることが多くいつも泥酔。ORIXグループ、Deloitte、MUFGグループ(上海)でコンサルティング等に従事した後に独立。慶應義塾大学大学院(MBA)卒業。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!