潜入レポ:フランス・ブルゴーニュの朝市、マルシェに行ってきたよ〜!

1

みなさま、ボンジュール!

 

9月に入って毎日暑いフランスです。

特に西日が強く、私の家にはカーテンがないのでものすごく辛いです。

 

今年の夏は雨が多かったので農作物が不作だと

農業関係で働いてる義理弟が嘆いてましたが、

フランスってパリから離れると広大な畑が広がった農業国なんです。

フランス人よりも家畜の方が多いんじゃないかってくらい、

たっくさん牛やら羊やらがいます。

 

はい、こんなかんじです。

IMG_6262

 

とにかく、そんな農業国なんで、日本のように旬の野菜が四季折々で楽しめて

マルシェ(朝市)に行くのはとても楽しい!

地元農家の直売やオーガニックの食材も安く手に入ります。

 

それからマルシェの魅力はコミュニケーションが活発なこと。

フランス語学習者にとってはフランス語を話す実践の場。

旅行者にはフランス人と触れ合える貴重な場、でもあります。

 

さて、マルシェに行く時に大事なのはこれです。

 

IMG_5834

 

フランス人はよくこんなカゴも使ってます。

IMG_5879

 

そして、現金!

フランスはカード社会なので、現金を持ち歩く習慣がなく、うっかり忘れることがあります。

 

はい、じゃーマルシェ行ってみよ〜!

IMG_5854

 

私の地元はマルシェ・クヴェールといって屋内市場がメインなんですが、

夏の期間は屋外にも衣服やら雑貨やらの店が建ち並びます。

 

これはパンを入れる袋。かわいいですね。

IMG_5848

 

 

はい、こんな陽気なオジさんもいます。

 

IMG_6362

 

ポーズとってくれました。

IMG_6364

 

 

なかに入りまーす。

 

各売り場にはその道のプロフェッショナルが立っているので、

美味しい食べ方やレシピなんかも教えてもらえます。

 

例えばこのアーティチョーク。

IMG_5885

 

左の緑色のものは芯の部分がより美味しくて、右の紫色のものは葉の味が濃いそう。

 

日本では見かけない野菜なんかも多くて使い方がわからないときは

マルシェのおじさん、おばさんに聞いてます。

 

フランスでは野菜や果物をレジで量り売りするスーパーもあるのですが、

ミカンを買おうとしたら、レジ兼量り担当のお姉さんに「この果物なんですか?」って聞かれたことがあります。フランスでもミカンはポピュラーな果物ですが。。。

これはこれで面白かったんですが、こういうのはマルシェではありえません。

 

各スタンドにはこんな幕があって、これがお店の看板代わりです。

IMG_5863

ここはBIO、オーガニック専門店です。

 

でっかいズッキーニもあります。

IMG_5868

IMG_5869

マルシェでは野菜、肉、魚、チーズ、オリーブ、はちみつ、一通り揃います。

 

IMG_5876

 

ブルゴーニュワインももちろんあります!

でも、このスタンドで買った赤ワインは激マズでした!

 

フランスはワインの国ですが、若い世代を中心としたフランス人のワイン離れは深刻です。

ワインのこと、全然しらないフランス人も多いです。

まあ日本人だって全員が日本酒に詳しいわけでもないですもんね。

 

はい、この日の収穫のオーガニック野菜。8.50ユーロなんで千円強でした。

IMG_5905

 

フランスに来たらぜひマルシェに行ってみてください!

日本の八百屋さんのように「はい、トマト安いよ〜 3つで1ユーロー!」なんて

だみ声なフランス語で叫んでるおっちゃんとかたくさんいます。

活気があって面白いです!

 

当分フランスに来る予定がない方には、フランスのマルシェがチラッと見れるガールズ系フレンチムービーがおすすめです!

 

1。猫が行方不明

http://item.rakuten.co.jp/surprise-web/aznkkds-540/

 

冴えないフツーのフレンチガールの飼い猫が行方不明に。猫を探しながら世代を超えたご近所さんづきあいが始まってゆきます。原題は Chacun cherche son chatで、みんなそれぞれ自分の猫を探しているっていう意味です。

猫の部分を「幸せ」とか「彼氏」って言葉にも置き換えられそうな内容。

おもしろいし、じわじわくる映画です!

 

2。パリのランデヴー

 

http://www.amazon.co.jp/エリック・ロメール-コレクション-パリのランデブー-DVD-クララ・ベラール/dp/B000MEXAMY

 

3つの短編でまとまった映画。マルシェが登場するのは1編目。

2編目はパリのベンチという題名がついているだけに、パリのあらゆるベンチが出てきます!多様なカップルのあり方がみれておもしろいです。

 

ではまた、アビアント!

この記事を書いた人

さくら
さくら
フランス在住。怖いもの知らずで日本を飛び出し各国を漂流。おかげで路上での仕事もお城暮らしも経験。やっと最近落ち着いてきた30代。旅行、食、本、映画、音楽が好き。

SHARE.