好きな人を振り向かせる方法

4

好きな人に振り向いてもらうのは、あなたが主役の恋愛劇場に好きな人を巻き込むようなもの。

ドラマや映画は主役が魅力的だからこそ注目されます。

好きな人に振り向いてもらうためには、まずは、恋愛劇場の主役であるあなたを魅力的にするために、
誰かがあなたをプロデュースする必要があります。

シンデレラだって、魔法使いのおばあさんがシンデレラをお姫様にプロデュースしたから、お城の舞踏会に参加して、王子様に見初められたわけですからね。
もし、シンデレラが灰かぶり姫のまま、女中のような姿だったら、王子様にだって一生出会えなかっただろうし、王子様もシンデレラを振り向きもしなかったでしょう。

ですから、まずはあなたは誰かにプロデュースしてもらうことが、好きな人を振り向かせるはじめの一歩なのですね。

しかし、ここで一つ問題が出てきます。
それは、一体誰があなたをプロデュースするのか?

あなたを盛り上げてくれる人の存在ですね。

あなたをプロデュースするのは誰?

あなたがもし、お金持ちなら、秋○康氏並のバリバリのプロデューサーを雇って、あなたを、魅力的にプロデュースしてもらうことも可能でしょう。

しかし、秋○康氏並のプロデューサーにプロデュースしてもらうためには、何千万円というお金を積むか、芸能界デビューを果たし、売れっ子になって稼いだ額の半分以上を半永久的にそのプロデューサーに上納しなければなりません。

なので、そのような条件をクリアできなければ、あなたは一体誰にプロデュースしてもらえばよいのか?

そうです、自分で自分をプロデュースしてあげるのです。

主役はあなた、プロデューサーもあなたです。

気になる人から振り向いてもらう第一歩は、自己プロデュース無しには有り得ないと心得ておきましょう。

それではその自己プロデュースの具体的な方法を見てみますね。

秋○康並に自分をプロデュースする方法

ポイントは笑顔

→自己プロデュースの基本は「笑顔」です。まずは笑顔を絶やさないことです。
そして、笑顔の種類やバリエーションをたくさん持ちましょう。
その中から、最も良い印象を与える「勝負笑顔」を身につけておきましょう。

「あなたの笑顔は、かわいい」と自信を持つこと。

百万ドルの笑顔を自分の中から発掘しましょう。

あなただけの魅力が最大の武器

→自分よりかわいい人とかかわいくない人などと他人と比べたり、きれいな人の前で劣等感を感じたりしていませんか?
あなたは、あなた。あなたしかない魅力を見つけましょう。
AKBやモー娘。のメンバーたちも最初は、普通の女の子でしたが、それぞれの魅力を光らせてみるみる魅力的になっていきました。
次はあなたの番ですね。

マイペース

→恋愛に競争や焦りは禁物です。常にあなたのペースを守ること。

恋愛映画をたくさん観る

→女優さんやハッピーエンドの恋愛ほど、あなたの恋愛のお手本はないでしょう。
女優さんがどうやって魅力を出しているのか、どんなシーンやセリフが恋愛を盛り上げるのか、本当に参考になります。
また、ハッピーエンドの映画はやドラマは、恋がうまくいく暗示もたくさん入っているので、見るだけで恋愛運が向上します!
お試しあれ。

前向きな気持ち

→恋愛は、これから理想の未来を作るエンジンのようなモノ。
悲観したり、「どうせ自分なんか」なんて自己否定したりすれば、理想の未来なんていつまで経ってもやって来ません。
あなたの前向きな気持ちがこの恋愛の行方を決めます☆

外見のポイント

外見を磨くことがスタートラインです。

女優さんのように、いつもバッチリ決まっている必要はありませんが、
清潔感があり華やかでいるように心がけことは大事です。

あなたを一番引き立ててくれるメイクや、ファッションの研究を怠らないようにしましょう。

できれば必要なもの

恋愛は、まだ見ぬ未来の冒険を始めるようなモノ。
信頼できる協力者や相談者がいれば、心強いですね。

恋愛ドラマの主人公にも必ず出てきますよね。

好きな人に振り向いてもらう前にやっておきたいマインドセット

自己プロデュースについては理解したし、頑張ってみたとします。

好きな人に振り向いてもらうために必要なマインドセットを一度リセットしましょう。

恋愛テクニックや恋愛心理は上手に活用する

→使える手段は気負いなどせずに全て使いましょう。

「きっとうまく行く」という前向きな気持ち

→どんなことがあっても、最後にはハッピーエンドになる映画やドラマをお手本にしましょう。

恋愛は真剣勝負、だけどたまには気楽に考えてみる

→気を抜け、だけど手を抜かない。

決して焦らない焦りは恋の終わりを呼ぶ

→恋愛が始まる前から焦っても何のメリットはありません。焦らず、なるようになるという気持ちで、少しだけ頑張ってみましょう。

振り向かせたいなら本気で恋愛に取り組む

→仕事や宿題はあなたの代わりに誰かがやってくれることもありますが、あなたの恋愛をあなたの代わりにやってくれる人はいません。運任せや人任せ、投げやりな思いでは、うまくいくモノもうまくいきませんので、まずはあなたが本気で目の前の恋愛に向き合って取り組みましょう。

期待しない対応はその恋を叶える

→「何が何でも彼を射止めてやる」という意気込みは良いのですが、彼があなたに関心がなければ、どんなに努力しようが、泣き叫ぼうが、彼の気持ちは1ミリも動きません。あなたができる精一杯のことをやって、相手に見返りを期待せず、相手に考えさせて、様々な選択肢からあなたを選んでもらうというスタンスでいる方が、恋は叶いやすくなります。

一気に恋愛関係まで発展させるのはやめる

→恋のライバルの存在に焦って、一気に恋愛関係になろうと焦ってしまうと、その恋は長続きしない傾向にあります。
なので、二人の関係を温める期間も大事です。焦らず、でも着実に発展させましょう。

後ろ向きにならない

→恋愛で絶対に避けたいのが「どうせ私なんか」という気持ちです。自分に価値がないと思い込んでいると本当に価値がないものになってしまうから人間は不思議です。

相手にどう思われているのかを考えない

→好きな人にどう思われているか?気になってしまうもの。だけど、相手に「好かれよう」と頑張ってみたところでそれは逆に相手に良い印象を与えなかったりします。なので、まずは、相手を「喜ばせよう」「楽しませよう」とする姿勢が大事です。

【要注意点】

ここまで事前準備ができても、注意してもらいたいことがあります。
それは。。。

遠回しのことはしない

→遠回しのことをするから恋が叶わないのです。遠慮と控えめは御法度と心得ましょう。

恋愛の主導権を握る

→彼にのぼせ上って彼のペースになってしまうのは極力避けましょう。

完璧な自分にこだわらない

→100点より70点。ベストよりベターを目指しましょう。

決して重くならないこと

→「あなたしかいないの」とか、彼に依存したりとかは彼にとってあなたの存在が重くなってしまいます。重たいあなたを次第に避けるようになりますので、注意してくださいね。

好きな人を自分のイメージで固めない

→好きな人を自分の妄想で固めて、現実の彼がそうでないからと言って、幻滅したり、理想とは違ったと怒ったりするのはナンセンスです。
彼にとっては、勝手に妄想しやがってという感じで、いい迷惑なはず。
好きな人を妄想で固める人は、現実の彼が好きなのではなく、自分の妄想の彼が好きなので、結局彼を好きというよりは自分が好きという状態です。

自然なアプローチで、好きな人にアピールする

あなたは、自己プロデュースしたお蔭で外見はばっちり決まりました。
マインドセットも頭にたたき込んで、「さあ、私を見てちょうだい」という状態になりました。

ここからがようやく本番がスタートします。

まずは、意中の彼への接近を始めます。
わざとらしくなく、まるで運命が二人を引き合わせたかのように演出します。その演出も、最初はあなたがしなければ現実は動きません。

パワーストーンもおまじないの言葉や儀式も現実は変えてくれませんからね。

自然なアプローチで、好きな人にアピールする方法

好きな人ができたら「告白」というのが一般的な流れのようですが、これが簡単にできればこんな記事など読んでいないはず。

恋愛に奥手のあなたにとって、自分から「告白」せずに、彼に「告白」させる方が、プライドも保てるし、心も傷つかないから理想の流れですよね?

そのためにまずは、自然なアプローチで接近して彼にナチュラルに自分をアピールしましょう。

単純接触回数を増やす

→会う回数、話す回数を増やすのがまず最初の接近です。できるだけ多く彼と会ったり、話したりする機会を持ちましょう。

挨拶プラスワン

→普段の挨拶の時に、彼の名前を入れてみると効果があります。例えば、「佐藤さん、おはよう」などと声をかけられると、ドキッとしたりします。

相手の話をよく聞く、聞き上手になる

→自分の話ばかりするのではなく、相手の話をよく聞いてあげましょう。それだけで好感度アップです。

少しだけの時間の積み重ねが二人だけの時間になる

→「ちょっとお茶だけどうですか?」とか誘ってみたり、帰り道を一緒に帰ってみたりして、数十分でも二人でいる時間を作ると距離が縮まります。
その時のコツは、長時間一緒にいて彼の時間を奪うのではなく、短時間で切り上げることです。

しつこい人とまめな人の違い

→まめな人=相手の都合を考えながら迷惑にならないように気遣ってアプローチすること
しつこい人=相手の都合を考えずずうずうしくアプローチすること

好きな感情を抑える、控えめに

→自分の感情だけ高まって、好きな気持ちを相手に押し付けると嫌われる原因になります。まだ何も始まらない時期は、好きな気持ちは控えめにしておきましょう。

好きな人との予定は、なにより最優先させる

→好きな人との予定が入ればそれはチャンスです。何よりも優先させましょう。

積極的に相手の名前を、会話に含める

→名前を呼ばれて悪い気を起こす人はいません。むしろ、名前で呼ばれると相手に親近感を持ちます。なので相手の名前を積極的に会話に入れましょう。

「ありがとうございます」の後に「嬉しい」を付け加える

→相手に何かしてもらってお礼する時に、「嬉しい」と一言付け加えるだけで好感度アップします。
「ありがとうございます、とっても嬉しいです」と言うふうに言ってみましょう。

好きな人の視界に入るように、こっそり近くに寄る

→好きな人の視界に入るようにしていると、次第に相手もあなたのことが気になり出します。

好きな人に、写真を撮ってもらう

→写真を撮る時は皆、一番良い表情をします。なので、好きな人にあなたの一番良い瞬間を見せるチャンスなので、もし機会があれば積極的に写真を撮影してもらいましょう。「blogに載せるから」とか「家族に送信するから」とか、口実はなんでもOKです。

デートの誘いをうまく使う、相手に認識させる

→好きな人からのデートの誘いがあれば、それは最大のチャンスです。どんな予定があっても、相手に合わせましょう!

告白すべきかどうか?

自分から告白すべきかどうか、告白すべきか?
悩んだら、とりあえず告白してみてはいかがでしょうか?
ただし、最初のデートの誘いをしてみて、相手が渋るようでしたら、3回くらいまでが限度かもしれません。
それ以上しつこくするのは彼から嫌われるかもしれませんので、「押してみてあっさり引く」というスタンスでやってみると良いです。

好きな人との距離が急激に縮まる方法

せっかく彼とお近づきになれたものの、お友達やその他大勢の知り合いのうちの一人という状態ではちょっと寂しい。

できればもっと彼に急接近して、彼にとって特別な存在になりたい。

その場合のテクニックです。

共通の話題を見つけよう

→人は似ている人を好きになるという傾向があります。
なので、好きな人との共通の話題を見つける、相手の真似をするのは、彼との距離が縮まるチャンスです。まずは、好きな人との共通点を、10個くらい見つけておきましょう。

「似ている」という感覚は、恋愛に直結する最短ルートですからね。

名前を呼ぼう、名前は魔法の言葉

→名前を頻繁に呼ばれると親近感が生まれ、距離が縮まります。

相手の秘密を知りたければ、まず自分の秘密から打ち明ける

→相手の秘密を知ることで、相手との距離は縮まります。まずは自分の秘密を打ち明けてみて下さい。相手は親近感を持ち、あなたにも自分の秘密を打ち明けるようになります。

笑わせる人より、笑う人になる

→好きな人を笑わせることで、相手の気持ちを引くことよりも、よく笑う人になる方が男性からの好感度はアップするようです。

彼を観察するのがキーポイント、彼の観察日記をつけてみよう

→好きな人から振り向いてもらうためには、相手をよく知ることが大事です。「この人は自分のことをよくわかってくれている」そう思ってもらえるように彼の観察日記をつけてみましょう。

メモ帳に、相手の情報を書き込んでおく

→スマホや携帯、メモ帳に彼のどんなに些細な情報でも書き込んでおいて、見返すようにしましょう。

相手の話したことを細かく記憶する

→相手との会話や話題を思い出してメモしておくのは最低限必須です。

彼を気にかける

→彼のことは常に気にかけてあげましょう。

相手の潜在的な要望を読み取って、助けてあげる

→彼が困っていること、欲していることなどを読み取って、さりげなく助けてあげましょう。そのためには、日頃の彼の情報収集が効を奏します。

相手が困っているのを見逃さない

→相手をよく観察して、相手が困っているサインを見逃さないようにしましょう。そこに彼の心に入り込むチャンスがあります。

魔法をかけて好きな人の心を遠隔操作してみる

彼のハートを、ガッチリ引き寄せた後は、離れていてもあなたのことが「気になって気になってしょうがない」という状態になればシメたもの。
彼の心の遠隔操作をしてみましょう。

寝る前に連絡をとる

→寝る前のメールは相手の記憶に刻まれやすい傾向にあります。彼の夢の中にあなたが出てちゃうかも??

人は手には入らないからこそほしくなる

→人は、手に入りそうで入らないからこそ、より欲しくなるという心理があります。
ちょっと彼との関係ができてきたら

世界で一番の味方になる

→「どんなことがあっても、私はあなたの味方」というスタンスを貫きましょう。

男性はいつの時代も狩人である

→男性は「逃げる獲物を追いかける」習性があります。追いかけるよりも追いかけられるようにしましょう。

遠くに旅行している最中に、メールを送る

→旅行中に、ふとしたメールをもらうと、それがずっと印象に残りやすいようです。

電話を切りたがったら、相手の都合を優先して、あっさり切る

→相手が電話を切りたがったら、ダラダラと話をするのは辞めて、潔く「がっちゃり」切りましょう。その方が、「アレ?怒らせちゃったかな?」みたいに余韻を残すようです。

魔法の言葉×魔法の言葉

→相手の心を刺激する魔法の言葉。、それは「名前」と「○○だけ」。
この二つを組み合わせると最強の言葉になります。例えば「田中さんだけに教えますね」などと言われると、自分だけ優遇されたように感じます。

小悪魔的テクニックも使ってみるべし

ここまで来たら彼はあなたに夢中です。
あなたに会えなかったら、あなたへの禁断症状が現れるかもしれません。
彼をあなた中毒にするために、小悪魔的なテクニックも使ってあげましょう。
そして彼の心を盛り上げて上げましょう。

「あなたに興味はあるけど、まだわからないわ」的な雰囲気で

→相手に興味をある態度を散々しておいて、「あなたに興味あるけど、まだわからないわ」という雰囲気を出されると、男性は燃え上がります。
「手に入りそうで手に入らない」状態が、いわゆる「お預け状態」になるので、その後の恋愛を自分が有利に進めやすくなります。

噂になるようにする

→二人の関係をわざと噂になるようにすると、相手は引くに引けなくなります。まずは周りから固めるのがコツです。

わざと「わがまま」におねだりしてみる

→わがままは相手のとの距離を近づけます。なので相手の負担にならない「わがまま」を言ってみてください。相手は「何でこいつのわがまま聞かなきゃならないの?」なんて思いながら、まるで自分の彼女のように扱われることで恋愛関係の疑似体験をさせることができます。疑似体験が徐々に本物の恋愛になっていきます。

魔法を作る方法

→意図的に運命を作るのは効果抜群です。例えば、相手から何かアクションがあったときに、「私も今それをしようと思っていたところ」と伝えると、相手は運命的なものを感じてあなたを手放せなくなります。

多少の隙をつくって近づきやすい女性へ

→毎回バッチリ決まっているとなかなか近づき固い存在だと思われますので、多少の隙を作ってあげると男性は近づきやすい女性になります。

仮定の話をして、相手に想像を膨らませてもらう

→「もし、子供ができたら」とか「もし、一緒に住んだら」とか仮定の話をすることで、相手の想像を膨らませ、より親近感を持ってもらえるようになります。

好きな人の前では、照れは素直に出す

→「ちょっとドキドキするんだよね」とか「あなたの前だと緊張します」などと言われると、相手も悪い気はしません。
照れは素直に出してしまいましょう。

ゴールは永遠の恋人?好きな人に愛されてラブラブになる秘密

ここまでできれば、当初の目標だった、あなたが主役の恋愛劇場に彼をめでたく巻き込むことに成功しました。

ここから先は、彼から永遠に愛されて、ずっとラブラブになるそんな秘密の技です。

それは、

自分を愛せるから人を愛せる

→誰かを愛するためには、まずは自分を愛していることが基本です。もし自分さえも愛していなかったら、悲観的になってしまったり、許せなかったり、依存しやすくなってしまいます。自分を愛さずに他の人を愛するのは弊害が生じやすくなりますから、焦らず、恐れず、自分をもっと愛してみるのが大事です。

そして。

相手をありのまま受け入れる感情を持ち接すること

→相手をありのままに受け入れてこそ、相手により愛されるコツです。
「どんなに貧乏でも、どんなに太ってしまっても、どんなに惨めになっても、私はあなたを好きです」というスタンスでいると、相手はあなたに夢中になります。

まぁ、頑張ってみてね、ご検討をお祈りします!

この記事を書いた人

はなび
はなび
東北生まれの純和風女子。子どもの頃「猫のように生きる」と決めて本当に猫のような暮らしを手に入れる。野良猫だろうと飼い猫だろうと、彼らは私の人生のお手本です。自分勝手でわがままで自由奔放を堂々と貫き通しています。温泉をこよなく愛し、全国の湯治場に出没中。

SHARE.