死ぬまで恋愛体質なフランス人に聞いてみた。今のパートナーとどこでどうやって出会ったの?

0

ボンジュール!

つくづくフランス人は恋愛していることが好きなんだな、と感じます。

例えば、カフェでボーっとしながら耳に入ってくるお隣さんの会話は恋ばなであることがよくあります。

先日は、私の隣の席で女性が女友達と男友達に最近つきあい始めたらしい彼氏について恋の相談をしてました。みんな、60〜70歳くらいです。笑

ちなみに、おばあちゃんたちはおじいちゃんの意見をこぞって叩いてましたけど、ガールズパワーのすごさはどこの国も、いくつになっても同じなんですかね。笑

とにかく、もしかしたら、食べる、寝るなどの生きる上で最低限必要な条件に「恋愛」が入っているのがフランス人じゃないかな、なんて思います。

でも、しっくりくるパートナーを見つけるのってそんなに簡単なことではないですよね〜。

フランス人って、どこで出会ってるのでしょうか?

ちょっと疑問に思ったので周りのフランス人カップルにどこでど〜やって出会ったのかを聞いてみました!

私の周りにいる20代から70代のフランス人に聞き込んできましたよ!笑

—フランスの出会い系サイト「Meetic」

フランスの代表的な出会い系サイトで、利用者がとても多いです。私の周りではこのサイト利用者が2組。アラフォーカップルと60〜70代カップルです。

—フェット

フェットというのはパーティーのことで、誰かの家に食べ物、飲み物を持ち寄って集まる、気軽に楽しむスタイルです。友達の友達、そのまた友達も誰でもウェルカムという開かれたものが多くあって、たくさんの人と知り合うチャンスです。

このフェットで友達の友達として知り合ったアラサーカップルが1組。

—行きつけのカフェ、食堂

常連客同士で顔見知りになり色々と話しているうちに付き合うことになったそうです。ちなみに年の差30才以上のカップル。愛に年齢差は関係ありません!

私の義理親も会社は違いますが社員食堂が同じで、顔見知りになったそうです。

—電車の中

トラブルで緊急停車した満員電車で隣り合わせたのが縁で付き合い始めた20代のカップル。

電車が動きだすまで話しながら時間が潰せればいいかーと思ってたところが、意気投合して連絡先を交換したそうです。

—デモ行進中

笑。これはフランスならではでしょうか。

2006年に若者対象の新しい雇用法案が公布されたのですが、フランス全土で学生による大きなデモが長期的に行なわれました。

そのときに出会ったアラサー&アラフォーカップルが1組。

デモは同じ目的を持ったもの同士の集まりであり、無理矢理日本に置き換えてみると、サークルのようなものでしょうか。

 

以上、聞き込み件数が限られていますが(汗)、フランス人カップル出会い方実例でした!

行きつけのカフェとか電車の中など、日常生活の何気ない瞬間に出会っているカップルの話を聞くと、「1歩外に出たらそこには出会いがあるのがフランスなのだ!」なんて感じました。

でも別にフランスだからというわけじゃないなって思います。

私たちどこに住んでいようと、毎日の生活で一歩外に出れば色んな人と出会っています。

偶然の出会いで付き合うことになったフランス人たちは「彼氏・彼女を見つけよう!」という目的はなくて、とりあえず目の前にいる人と話そう、会話を楽しもう、という軽い気持ちでした。

こういうリラックスした状態にあると、自然に「いろんなことを話し合って、気づいたらものすごく意気投合していた」という流れが生まれやすいのかなと思います。

出会いの可能性はあらゆるところにあるのだと希望を持ちつつ、目の前にいる人との会話を楽しむという気楽さを持っていると良いのかななんて、フランス人カップルたちの話を聞いて思ったのでした。

というわけで、ちょっと気楽に構えることであなたの毎日の生活における出会いの可能性が広がるといいなと思います!

ではまた !

この記事を書いた人

さくら
さくら
フランス在住。怖いもの知らずで日本を飛び出し各国を漂流。おかげで路上での仕事もお城暮らしも経験。やっと最近落ち着いてきた30代。旅行、食、本、映画、音楽が好き。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!