超ポジティブ、楽観的に生きることを宣言しよう!

0

いつもお世話になっております。ひよこです。

「私なんて・・・」が、口癖だった20代~30代前半・・・自分に自信がなくて、いつも卑屈な態度を取っていました。

振り返ってみると、どうしてあんなにも自分に自信がなかったのか・・・不思議です。

いつも、いつも考えていたことは・・・「自信」という商品が売っていたならば、100万円、500万円出してでも購入するのに、って。

自信が持てなかった理由は??

ずっと考えていた・・・「私が自分に自信がないのは、太っているから??」「外見が可愛くないから???」って。

でも、実際は違ったんだよね。

自分に自信がなかったのは、常に人と比べていたから・・・自分が自分で勝手に想像する、自分にとっての憧れの人と比べて常に自分が劣っていると感じていたから。

だから、いつまでたっても自分に自信が持てなかったのだろうなぁ、って。今ならそう思えるし、それが「自信がない私」の原因だったんだと思う。

隣の芝生はいつまでも青い、よ

以前にも書いていると思いますが、他人と自分を比べて生きていくことは、「辛い」こと以外のなにものでもありません。

私も、38年生きてきて、ようやく「自分らしく生きることの大切さ、楽しさ」みたいなものを感じるようになって来れました。

何度も繰り返し、人からも書籍からも、インターネットからも、言われ続けてきたことだけれど、自分自身の腹にきちんと落とさないと、しっくりこないと思います。

20代前半に、幼馴染から、「ひよこちゃんの口癖は、”どーせ、ひよこなんて”だよね、ダメだよ」って言われてたけど、それすらも、「そんなこと言われても・・・どーせ私なんて・・・」と卑屈に受けていました。

時間はかかってもいつかは自信をもてるように・・・

それから十数年が経過して・・・私もいろんな人と、いろんな形で出会ったり、別れたり、すれ違ったりするようになり・・・。

いっちばん、沢山感じることは、「こんな人でもOKなんだ・・・」ということです。

 

大変失礼なんですけど・・・職場で出会ったAさん・・・口ぶりは「俺って仕事完璧だぜぇ~」なんですが・・・周りの評価は「仕事出来ない、空気読めない残念な人」

知り合いのBさん・・・他人の悪口ばっかり言います、うんざりです。それでも、会社では部長です、沢山の部下をまとめています(真実は分かりませんが・・・)。

知り合いのCちゃん、相当わがままです。自分の予定に人が合わせるのが当然と考えています、正直、会わなくても私は困りません(実際、疎遠になっています)。
彼女は身に起こるすべての不幸は、周りのせいだと考えており、一切の自分の非を認めません。

 

いろんな、私の価値観からすると「おい、それってNGでしょ」って人を見てきました。

が、しかし、驚くべきことに彼らは、自分の性格やら、人格に対して一切卑屈になることもなく、堂々と立派に生活をしているのです、ある意味前向きに。

そう、彼らはある意味とーってもポジティブ!とっても、生き易そう!←これ大切!

自分の意見を持つことの強さ

私には、私が引き起こすものごとに対しては、まだ「自分が間違っていない」、と断言できる強さはありません。

でも、ようやく最近、自分自身の考え、意見を持つようになってきました。

自分が38年間生きてきて、ようやく、「自分らしさ」を自分自身が認めることが出来るようになってきたからだと、感じています。

言葉にすると難しく、ややこしくなるのですが・・・。

人生において、「正解」はない、ってことに気が付いたのかもしれない。

いろんな人が存在していて、いろんな意見があって・・・それって当然のことなんだけど、それが分からなかったのが20代~30代半ば・・・。

世の中に「正解はひとつしかない」って思っていたから、自分に自信のない私は自分の意見が「不正解」なんだと常に思っていた。

私の意見が、「正解のはずがない」って思っていたからね。

自分に自信を持つ イコール 相手を尊重出来るようになること

自分がしたことは、自分に返ってくる・・・悪いイメージで使われることの多いこのフレーズだけれども、実際には良いことにも沢山当てはまっている。

相手の意見を受け入れることが出来るようになると、自然と相手も自分の意見に耳を傾けてくれるようになる。

人に受け入れられるようになると、自分の意見の正否よりも、「どうしたら良い方向に話を持っていけるのか」が重要になってくる。お互いに協力体制になってくる、って感じだよね。

超ポジティブに生きていくには、「自分の意見が一番!正しい!」って考えるよりも、「間違っていても、いいじゃなーい」って感じでお気楽に構えて行くことが大切。つまり、それって、間違っている自分を素直に認めて、相手の意見を受け入れるってことだからね。

この生き方をしていると、自分自身がポジティブになるだけでなく、周りにも同じようにお気楽で朗らかな人が集まってくる気がします。

逆に、肩ひじ張って生きていくのは、自分だけでなく、周りにも「戦闘オーラ」を発しているようで、余計に辛くなるからね。

見栄も意地もすっぱり捨てて、気楽に、そしてポジティブに生きましょう!

では、またねん。

この記事を書いた人

ひよこ
ひよこ
1970年代生まれのO型、肉食女子です。猪突猛進、と言われ続けて早20年。毎日、沢山笑って、沢山話して、沢山幸せを感じながら生活できるように、日々、精進中!趣味は、お酒と、読書。あと、合コンセッティング。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!