あなたが恋愛で苦しむのは◯◯がありすぎるからかも?まっすぐゆえにハマる恋のドツボ

2

めんどくさいんです。こにくです。

こんにちは!

先日こにくは久々に髪を切りに行きました。

久々ってどんだけ久々やったかというと、実に半年ぶりでした。。。。

こにく、実は美容院に行くのがめんどくさくて好きではないのです。
これは女としてはけっこう致命的かもしれませんが、もう、忙しいし、
いちいち時間作らなあかんこと自体がもう、めんどくさいもんはめんどくさいのだ。

もともとショートですが、
せっかく美容院行くし、モト取ったれという貧乏精神で、
今回はかなり短めに切りました。

そう、これでまた、当分行かんでもええやろという意図でございます。

しかし、美容師に「なんでこんなに短く切ろうと思わはったんですか?」と訊かれた時はさすがに
「美容院がめんどくさいのでなるべく来たくないからです」とは言えず…。

言葉を濁しておりましたが、そのこにくの「美容院来るのがめんどくさい」という意図は伝わっていたようでございます。

美容師に「なるべく長持ちするように切っときましたから」って言われたので…。

優秀な美容師さんです!!

さてさて。
突然ですがこにく、ほんまに根性がありません。

お酒を、たった1日ガマンするだけの根性もないし、
納期ガチガチ迫ってても、眠いもんは眠いしと思って寝ちゃうし、
お腹すいたら別に気にせずに何時でもなんでも食べるし、
「会社帰りに週3回はウォーキングする!!!」と上司に豪語したけど、トータル3回くらいで終わったし
(やってへんってバレたので、ごめんなさいのしるしに缶ビールを差し上げました)、
「イヤやな」「飽きたな」と、はっきり思ってしまったことを続けていると鬱になるという、
ゆとり世代も真っ青のメンタルモヤシっ子でございます。

もう、この「根性なし」傾向は、
歳を増すごとに強くなっていってるのだけど、
正直、こにくは「根性なくてよかった〜」と思うことが、結構あるのです。

恋愛において根性ほど邪魔なものはない

先日、はじめてゆっくりお酒を飲む機会のあったとある25歳の女の子、
突っ込んで話を聞くと、現在進行形で、しっかりした不倫の真っ最中でございました。

こにくとしては「おおー!まじかー!不倫楽しいよねー!」というノリだったのですが、
彼女はかなり真剣にその「恋愛」にのめり込んでいて、
こにくのライトな反応にドン引きしており、
もう、こにくごめんなさい状態でございました。

彼女は、彼の嫁の行動もSNSなんかで細かくチェックし、
それがわりと彼女の癪に障ることが多いらしく、
(彼女と、彼の嫁とが、少し同じ業界なのです)
その鬱憤を彼にぶつけ、
そして彼は彼で彼女をなだめるという、
なんというか、もうみんながみんなどっぷり不倫でございましたものですから、

メンタルモヤシっ子のこにくとしてはもう、
「そのパワーどっからくんの??!?!」といった具合でした。

こにくだったらもう、
ビビって早々に「失礼しましたー!」と退散しているであろう現場です。

その25歳の彼女、なんて根性あるんやと、こにく思った次第です。

いや、それ、根性ちゃうやろと、おっしゃる?
いやいや、こにくには根性としか思えませんでした。

しかし気づいたのは、
彼女自身、苦しんでもいるわけです。

「不倫したくてしてるんじゃない。私は普通に結婚したいんです」と、おっしゃる。

ふむ。
こにく、彼女は「この『根性』があるせいで、やたら苦しんでるんとちゃうか?」と、思ったのです。

諦めないことは別に美しいことじゃない

こにくは、根性がないおかげで、
押しても反応がなかったり、こにくを雑に扱って傷つけてきたりする相手を好きでいつづけることが出来ません。

恋愛の「好き」は、多くの場合ほぼ「執着心」ですから、
これを拭い去るのは難しいときもあるけど、
こにく思うに、やっぱ、この「執着心」を持ち続けられるのって「根性」やと思うんです。

だってこにく、好きな相手から望む反応がないと、
つまらなくなって、アホらしくなって、飽きてしまうんです。

押しても反応がなかったり、まったりモードの関係になってきたり、
こにくが近づき方を失敗したゆえに、こにくのことをうっとおしそうにする相手に対しては、
「こいつなんやねん、おもんない」と心の中で毒づいてみたり、
「アタシを誰やと思ってんの?」と心の中で高飛車になってみたり、
なんなら、もっと悲しく、普通に、すーっと一気に興味がなくなっていったりします。

(ほんまに性格悪いですね!(笑))

もちろん、いっときはかなり濃厚な関係であった方々ですよ。

だってー。
楽しくないことをやり続けるのなんか、無理なんやもん!

なので、「あ、もう彼は無理やな」と、
かなりドライにあっさり見切りをつけます。

その見切りのつけかたは、別に「関係を断ち切る」わけではないです。
ただ自分のなかで終わらすだけ。
ざくっと。いにちさん、はい、と。
終わらそ、と思って、終わらします。

ここは、多少、意志の力を要しますが、
これもひとえに自分が苦しまないため。

スマホに残った彼とのメッセージのやりとりも、写真も一気に全部消したりして、すっきり一掃します。

つまり「諦める」。

一旦、ね。

「そんなあっさり諦められるのは、あなたがまともな恋愛をしたことがないからよ」と、お思いの方もいらっしゃるでしょう。

それはこにくは否定しません。
きっと、そうやと思う。

まあ、なにをもって「まともな恋愛」かっていうのはよくわからんけど、
こにく、彼氏とかがほとんどいてたことがないのは事実やから。
こんなとこで偉そうに恋愛論をぶってることじたい、おかしいかもしれへん。

でも、こにく、「諦める」って、けっこう大事なことやと思うのです。
逆に言うと、世の中では「Never give up!」的な、アメリカかぶれな風潮が蔓延していますけども、
こにく、それって、別にそない美しいことでもないと思うのです。

「諦めない」のも、言い方を変えれば
「学ばない」ってことやもん。

「あきらめる」のほんとうの意味

「あきらめる」の、ほんとうの意味は

「諦める」は、断念したり、放棄するなどと、悪いことや消極的なことに使われています。
しかし、本来は、物の道理をしっかりとらえ、原因、結果を明らかにすること、つまびらかにすることという意味があります。
物の道理が分かり、なぜそうなっているのかがはっきりすれば、迷うことなく執着することがなくなるということです。

WARAKU「話楽」より

そう、「明確に、そうであるという事実を認める」ということで、
1ミリもネガティブな要素なんてないわけです。

「根性」のあるみなさんは、
いま自分が置かれている状況において、
思うように事態が発展していかなかったとき、それをがんばって打破しようとするんやと思う。

もちろんある程度の努力は必要やと思うのだけど、
多かれ少なかれ、他人を巻き込んでいる場合は、
こにくは諦め時はすごく大事やと思うのです。

こと、恋愛において、
「根性」や「努力」で、「人の気持ち」って、変わるか?

もしそうしようと思っているのであれば、むしろそれってものすっごい「エゴ」なんとちゃうんか?

だって「力づくで相手を自分の思い通りにさせる」ってことやろ?
怖すぎるやん!!

想い続けたって、無理なもんは無理やから!!!

楽しくないなぁと思えない恋愛ははっきり言って諦めたほうがいいと思う。
だってもうどう考えたって、誰も得せーへんもん!

アタシらは、楽しむために生きてるのに。

こにくは、そんなふうに思うのです。

アタシらは、煽られている

そういう方は、「想い続けても報われない自分」、に、陶酔しているきらいがあります。
前述の25歳の女の子には、その臭いが濃厚でした。

もう、テレビの見過ぎ、漫画の読み過ぎとでもいいましょうか。
こにく、話をきいててもう、おなかいっぱいって感じでした。

根性ある彼女のことですから、それはもう真剣だったから、ちょっと申し訳なかったけど、
その陶酔というか、ちょっとトンチンカンなのめり込み方は、
クワトロチーズピッツァよりも濃厚でした。

別に「辛く苦しく切ないのが恋愛」じゃないから!!!
想い続けることって別に美しくないから!!!

アタシらは、刷り込まれてるだけなんですよ。
「甘く切なくほろ苦いのが恋愛」と。

人を想う気持ちは、人それぞれ。
でも、だからこそ、いま抱えているあなたのその気持ちが
「刷り込み」によってもたらされたものじゃないかって、よーく確認する必要があります。

じゃーアタシらは何に刷り込まれてるのか?

それは次回に続くのだー!

では、また!

この記事を書いた人

こにく
こにく
遅咲きモテ系30代・広告クリエイティブ職のわりと肉食な女。独身。
お酒と仕事と下ネタと、人生を豊かにしてくれるカルチャーが大好き。
もと「こじらせ」で小デブ。関西在住。
愛と笑い溢れる世界になるように、今日も空きっ腹でビールをイッキ飲み。
一番大事なものは健康。

SHARE.