知ってる?アメリカの高校のJapanese Festivalってこんな感じ

0

こんにちは!アメリカ・オレゴン州のエルティング孝子です。

オレゴン州は日本語教育をしている学校が多く、私が以前インターンをしていた公立小学校ではイマージョン教育(その言語に浸りきって習得する)を取り入れていて、日本語で教科を教えています。

お店やレストランなどで日本語が話せるアメリカ人と出会うことも結構多いんですよ。

そして、日本に関するイベントも多く開かれています。

着付け教室を始めて1年ちょっとの私ですが、元々いろいろな日系イベントの企画に関わっていたこともあり、今年はイベントで着物に関する協力の依頼をいくつもいただいています。

先日は、オレゴン州の上に位置するワシントン州の高校でJapanese Festivalがありました。

日本に関するいろいろなものが展示されていたり、生け花の展示、輪投げやヨーヨー釣りコーナーも。

生徒の家族や一般の人も参加可能なので、子ども向けのアクティビティもあるのです。

IMG_7447

IMG_7451

私は着付け教室の生徒さんに協力してもらって着物ブースを出店。

ブースでは着物ペーパードールの色塗りを楽しんでもらったり、希望者に浴衣を着せてあげました。

IMG_7459 IMG_7475

ある高校生女子のグループは私達に「あなた達、日本語が話せるの?」と聞いてきて、「もちろん!みんな日本出身よ。」と答えると、「すごい!私は日本のアニメが好きなの!○○も!××も!△△も!」と私の知らないアニメのタイトルを連発。

浴衣を着せてあげると「うわぁ!私の夢が叶ったわ!」と大喜び。写真を撮りまくっていました。

こんなに喜んでもらえるなんて!

他州まで来たかいがありました。

IMG_7481

他にも、イベントのスタッフだけどこの浴衣が着たい!とブースに来てくれる子がいたり。

お父さんが日本人でお母さんがメキシコ人の留学生姉妹が、浴衣を着た写真をお父さんに送ると嬉しそうに話してくれたり、今大学生なんだけど、卒業したら日本に行きたいという女の子が日本語で一生懸命話しかけてくれたり…。

みんな、すごく素直で可愛いなぁとつくづく思いました。

立派な舞台があるホールではコンサートと称して、和太鼓のパフォーマンスやお琴の演奏なども。

私達は着物デモンストレーションということで、季節の着物の紹介と半幅帯の帯結びのデモンストレーションをしました。

一人ひとり違った種類の着物を着ていったんですが、パッと見たら同じですよね(笑)

それでも、着物になじみがない人達に、着物も季節によって洋服のように衣替えするんですよ~ということを伝えたかったのです。

IMG_7499

そして、コンサートの始まる前、来場者に何度か聞かれた質問。

「あなた達、今日ダンスをするんでしょう?」

着物=ジャパニーズダンス(日本舞踊)!?

着物を着ているからといって踊れるわけではありませ~ん!

確かにコンサートの演目に“ダンス”はあったけど、それはソーラン節とか日本の歌謡曲に合わせたダンスを

踊るグループ。

う~ん。今後の需要を考え、日本舞踊を踊れた方がいいのだろうか?

そんなことが、ちょっと頭をかすめたのでした。

いかがでしたか?

アメリカの高校のイベント情報でした。日本とは違うでしょ?

とても楽しいイベントでした。それではまた。

この記事を書いた人

エルティング孝子
エルティング孝子
アメリカ人との国際結婚をきっかけに2011年夏からアメリカ・オレゴン州在住。元々は乳幼児教育の仕事を日米で10年経験。アメリカで着物を通して日本文化を伝えたいと思い着付け講師の道へ。好きなことはペーパークラフトとティールーム巡り。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!