それでいいのか?!日本にこもる若者たちよ。 住み心地が良すぎて逆に危うい、島国にっぽん。

0

みなさん、パスポート持ってますか?

日本のパスポートの信頼度ってトリプルAクラス。
いろんな国にビザなしで行ける国籍世界第4位。
日本国民のみなさんがまじめに仕事をしてくれたおかげです。
本当にありがとう。心から日本国民でよかった。
でも、こんな光り輝く日本国パスポート、
まさかの保有率たったの24%!!!!
衝撃的すぎます…。
なんでみんな外でないの!!!!!!!
島国にこもっている場合じゃないってば。
人生一度きりだよ!
百聞は一見にしかずって昔の人はよく言ったじゃないですか!
とりあえず、もう少し世界に対して興味持とうよ。
と叫びたくなりましたw

オーストラリアから日本に一時帰国したある日のこと。

友達に飲みに誘われて行ってみたら、
うっかり合コンみたいな飲みの席で、
かなり久々にいわゆる”最近の若い日本人男性”と話してみました。
彼らにはちゃんと働いているし、稼いでいるし、とても感じはよい。
でも、申し訳ない。
自分のことを棚に上げていうけど、悲しいかな。
温室社会が生んだおぼっちゃんにしか見えない。
なんで母親の手料理か大手チェーン店の料理しか食べたくないとかいうかなぁ…。
だから外国に行けないんだって。
若い日本人男子からそんな言葉を聞いちゃうともうがっかりです。
うんうんとうなずいてる周りの子にもがっかりです。
しかもその発言をした日本人男子は女子からもてるのだと。
いいからだまってバングラ行って来いと説教しそうになります。(しないけど)
でも説教したくなるような若い日本人男子にしかなかなか出会えないのはなぜでしょうか…。
もはや三十路女のたわごとです。
やっすいLCCも発達して、
簡単にどこでも行きやすい時代になりました。
インターネットでいつでも世界とつながることができます。
この世の中、もはや世界を見ないで日本の国内市場だけで生きていこうだなんて、
それはやっぱり厳しすぎるのではないかというのが昔から変わらない私の考えです。
東京オリンピックという、明るい材料もあるけれど
やっぱりそれは一時的なものであって、
失われた20年どころか30年くらいになるんじゃないか?
という低迷し続けた日本経済を改善するための抜本的対策にはならない。
日本は本当に素晴らしい国で、
帰ってくるたびに、素敵すぎるサービス、技術、センスにもう感動しっぱなし。
でもその反面、この素晴らしさを世界に伝えるスキルの低さと、
平和ボケしている空気にいらだちも感じてしまいます。
日本も1つくらい24時間ニュースだけやってるCNNみたいなチャンネルがあってもいいと思う。
たまに英語のニュース挟んだりしてさ。
報道されていることがあまりにも偏っている。
日本に帰ってくると、本当にマスコミにイライラする。
どーでもいいことばっかり伝えるために公共の電波使って。
このぬるま湯日本ができてしまった一つの原因として、マスコミの責任は大きいはず。
日本は島国だから、とっても外の世界が見えにくい。
国際事情はメディアからの情報しか頼れない。
意識しないと、世界の情報はほとんどキャッチすることができない。
これってもっと危機感を持ったほうがいいと、私は思うのです。

わかるよ。だって日本最高だもの。素晴らしいもの。

世界を知らなくたって、快適に生きれちゃうもの。
海外出るの大変だよね。(旅行じゃなくてね。)
でも!世界はえらいことになってるんだってば!!!
めまぐるしい勢いで変わっていますよ!!!
今日もきっとセンセーショナルな出来事が世界のどっかで気さくに起きてますよ!!
情報を自分で取りにいかないと、世界から取り残されちゃうよ!!!
気づいたときには手遅れになっちゃうよ><
それと同時に、もっと日本のことをオープンにしていかなきゃ。
こんなに素晴らしい文化をもっているのだから。
私も常にそれは意識しています。
母国は島国だという自覚を持って、
積極的に世界の情報を取りに行きましょう!
発信していきましょう!
しつこいですが…
いろんな国いったけど、本当に日本、最高だから!
自信持って、誇りを持って、
世界に通用するように、グローバル化が進む世の中に取り残されないように、
今から少しづつ意識していきましょ。
みんなが「素晴らしい国にっぽん」の宣伝部長ですよ!!

この記事を書いた人

にっき
にっき
アラサー独女で自由人。アメリカ、ラオス、バングラディシュ、オーストラリア、香港に在住経験あり。バングラディッシュではジュードを使った鞄製造販売に関わる駐在員。行きたいところに好きなだけ居続けた結果、海外に出たい症候群を克服。2014年に香港にて働き始め、2015年8月帰国。しばらく日本でおとなしく暮らす予定。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!