Take it easy!を合言葉に! 狙い過ぎたことはうまくいかない

0

暑いし、湿度高いし、洗濯物生乾きのにおいがいろんな人からしてくる季節がやってまいりました@香港です〜。
振り返ってみたら、わたしはだいぶアグレッシブにいろんなことに挑戦してきたけど、
いまいちどれもこれも中途半端…。

これはなんでなのか…。

自分なりに分析してみました。

どうやらわたしは、
とりあえず挑戦する→限界ギリギリまで頑張る→ガス欠→挫折する→浮上する→また挑戦する。
これを繰り返しているような気がします。
勢いにまかせてまずは挑戦。
途中までは頑張るんだけど、なんせギリギリまで頑張ってるもんだから、
壁にぶつかったときに乗り越えるエネルギーが足りない。
これってつまり、
本気でやればやるほど、それで頭がいっぱいになって、
視野が狭くなって「余裕がない」につながり、息切れする原因のひとつなんじゃないかな、と。
恋愛にもあてはまっていて、
よく、彼氏ほしい!とか。
結婚したい!とか。
強く思えば思うほど前のめり、
ズッコケるし、
ますます恋人できないとか。
それで仕事が楽しかったり、
夢中になれる趣味があったらたりすると
恋人がいなくてもある程度満たされるから、輝いていられる。
そういうときモテる。
よく言われてることですよねw
いやね、私はずっとものづくり関係の仕事をしてきたのにもかかわらず、
最近転職してまさかの香港で飛び込み営業的な仕事をしているのですが、
そしてこういう仕事の特徴として、数字で実績あげないといけないわけです。
競合他社も多くて、なかなかうまくいかないことも多いわけです。
それで、お決まりの責められるパターンw
まったくもって初めての職種だし、
片言の英語だし、
海外だし、現地語も、この国の事情も、市場も全然わからないし、
守らなきゃいけない家族もいないし。
あんまり背負って気を張ってやったところでどうしようもないことが多すぎるから、
開き直りまくっているわけです。
(いや、この境地にたどり着くまで大変でしたよw)
できなくて当然。しらんがな、と。
できちゃったりしちゃったらラッキー☆くらいのノリです。
でも中にはいろいろ背負っていたり、
私よりも責任が大きかったり、
仕事に対しての思い入れがありすぎたりで、
それはいいことかももちろんあるけど、マイナスに働いている人を見かけます。
必死過ぎて、顔が怖い…。
特に人にものを売るって、必死さとか、焦りとか
伝わっちゃったら絶対売れないと思うんですよね。
声を大にして言いたい。

Take it easy~♪

 特にここ、香港ですから。
日本よりキッチリかっちりしてませんからね。
変に力むと余計シワ寄せくるんですよ。
狙い過ぎず「そんなつもりじゃなかったけど」
みたいなテンションがいいかな、と。
外国はいるだけでなにかしらのストレスありますからね。
実はくそまじめなわたしはそれがすごく苦手。
とくに人一倍、「どうしてもこうしたい!」「絶対成し遂げる!」っていう気持ちが強いから。
全部まじめに一生懸命やって派手にコケる。
恋愛に関しても完全に重い!笑。
つまり狙い過ぎなんじゃないかと。
30年以上もこのサイクルを繰り返していたと思うと悔やまれる。
ちょっと力をぬいて…
これが、人が幸せになれる一番のほうほうかな、と。最近思うわけです。
無理して頑張って、続けたところで、
だいたいうまくいかなくて。
無理するくらいなら、
それは見切りのタイミング。
そういう時になにか新しい風が舞い込んできて、
いろんな縁が繋がったり。
明日なにが起こるかかわからないから。
全部思い通りなんていかないから。
なんだか思い詰めるのもばかばかしい。
どうなるかわからない人生なんだから。
今を楽しく、
嫌なことはしない。無理しない。
文字にしてみたら、
いたって当たり前のことで、
記事に書くほどのことではなかっかもしれないです。すみません。
だけど、全力疾走の毎日で
だんだん体力も落ちてきて、
何度も失敗を繰り返してるうちに、
今更ながらわたしなりに出した結論。
Take it easy がちょうどいい!
頑張りすぎず頑張って!
もう少し気楽に生きていきたいものです、とほほ。

この記事を書いた人

にっき
にっき
アラサー独女で自由人。アメリカ、ラオス、バングラディシュ、オーストラリア、香港に在住経験あり。バングラディッシュではジュードを使った鞄製造販売に関わる駐在員。行きたいところに好きなだけ居続けた結果、海外に出たい症候群を克服。2014年に香港にて働き始め、2015年8月帰国。しばらく日本でおとなしく暮らす予定。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!