恋愛も仕事も!誰かに期待するから不満が溜まる

0

こんにちは、wakameです。

関東も梅雨入りしましたね。梅雨が明けたら、もっと暑い日が続くのでしょうか。。。

すでにもう夏の陽気ですよね。これを書いている今日は6月上旬ですが、今日もほんっとに暑かった。

今日は仕事がお休みだったので(私はシフト制で働いているので、お休みが不定休です)、昼間スーパーに買い物に出かけたのですが、その際、数年前に買っただけでほぼ未使用のサンダル(健康サンダルとかじゃなくて、可愛いヒールの女子的なやつですよ!)を履いてみました。

自宅からスーパーまで20分ほど歩いたのですが(ちょっぴり田舎です)、慣れてないサンダル、ダメですね。。。

両足、靴ずれして見事に水ぶくれです。スーパーに行くだけなのに、気合入れてみるんじゃなかった。。。

で、帰りはバスに乗って、うちの近所の飲み屋にマスターの姿をみつけ、途中下車し、マスターと昼からビールをあおってました。

お昼しかも屋外でビールって最高ですね♪ ワインまで持ち出しマスターも店開ける前から、ただの酔っ払いになってしまいましたが笑

 

みなさんは誰かに期待されていますか?

最近、なんだかいろんな人から「期待」って言葉を聞くのです。

「期待」ってなんでしょうね?

ひとつめは、さっきも話したうちの近所の飲み屋さんの常連さんから言われたこと。

「夫婦関係を良好に保つうえで大事なことは、相手に期待しないこと」だそうです。

期待するから、それに反する相手の態度になんでそうなの!ってイライラするし、それを口にするから喧嘩になる。最初から期待しなきゃ、すべて受け入れるのみ。とのことでした。

なるほどね~。わたしのこのイライラは相手に期待しているからこその感情なわけだ。

でもさ、「期待しない」ってはっきりそう言われるとキツくないですか?まぁもちろん、そんなこと相手に伝えるもんじゃないけど。

「無償の愛で相手を受け入れる」のと、「期待したら疲れるのわかってるから、期待せず、受け入れますよ」って違うじゃん。これは「あきらめ」とか「妥協」と呼ばれる部類ではないのか?

でもそういう風にもやもや考えていたら、見えてきました。ここでいう「期待」って自分にとって都合のよい「期待」なんだよね。確かにそう考えたら、期待されたくないかも。

たとえば、

帰ったらごはんが用意されているといいな。今日の夕飯はハンバーグかな。さきにお風呂にはいろっかな。そういえば明日のシャツアイロンかけてくれてるかな。とかとか。なんだかんだ期待しているのか。

で、それが「今日は残業で遅くなります」とか「急きょ飲み会になりました」とか期待を裏切られるとがっかりするし、なんだよ~となってしまうんでしょうね。

だから「相手には期待しない」ってのは有効なのかもしれませんね。そもそも期待してなかったら、いろんなことに感謝できるかも。まあ頭では理解できたような気もしますが、なかなか難しいですね。みなさんはどう思いますか?

 

もうひとつは、職場での仕事上での「期待」

先日も職場の仲間と仕事帰りに飲みに行きました。最近他部署から異動してきた社員の歓迎会って名目だったんだけど、集まったのも10人程度で、上司もいなかったこともあり、和気あいあいとした楽しい飲み会でした。途中までは。

最初のうちは、今年の新入社員のこととか、誰かの恋愛話だったりしたのですが、そのうち、話は今の職場およびそこで働く同僚たちに対してのご意見、ご不満の流れに。。。

私は今の部署で、管理職として働いていて、その日の飲み会は皆、20代の若い社員、部下たちでした。思いの丈を爆発させた彼は入社6年目のベテランくんです。要するにダメだしでした。なんで、って。

俺はこう思う、こうやってきた、それが良いと思ってる。でも、今は違う。今の場所のやり方では良くない、人は育たない。と。管理者のあなたはそれで良いの?って。

なんかねー。他から来て偉そうに何言ってるの、むかつくわ、とかは全然なくて。

けど、彼を納得させられることは言えないな、と思った。納得させたい、と思ったわけではないんだけど、今はまだわかりあえないな、と感じました。

なんていうか、そういうのって言葉だけで彼が納得するもんでもないし、彼が今を受け入れて、周りを認めたうえで、そこからでないと始まらないかな、と思ったんですよね。

きっと彼は期待してるのかもしれませんね、私に。管理者に。

 

 私も期待してた。

彼と話して、そういえば、私もおんなじようなことがあったな、と昔を思い出しました。

もう7.8年前ですが、やはり他部署から異動してきて、仕事のやり方も違って皆のモチベーションも低く、イライラしていて。1か月は我慢して、でも仲間をつくることもできず、変えることも出来なくて、そもそも私の考えがおかしいのか?と悩んだ時期がありました。

そして何も言わない上司に、「私はこう思ってる、あなたが違うというなら受け止める。けど、あなたは私の考えをどう思うのか、あなたの考えを思いを教えてほしい」って直談判して。上司が背中押してくれるなら、仲間がいなかろうと動いてやろう、と思っていたんだと思います。

けれど、彼がいったことは「上司に期待するな」と一言だけでした。

意味分かんないし、当時はふざけるな!!と思ってましたね。

けれど、今、自分が管理者になって考えてみると「誰かに期待するな、そう思うなら自分で動け」ってことだったんだと思います。

そう、あの時の上司は私に期待したんだと思うんですよね。お前が動け、って。

私に気持ちをぶつけた彼とは、まだわかりあえていないけれど、期待する、ってそのぶん面倒な気持ちも背負い込むことになるかもしれないけど、見返りを期待しない「期待」なら素敵なことな気がします。

私も誰かに期待されたい。期待される存在でいたい、かな。誰にも期待されないって、やっぱりちょっと寂しい気がしませんか?期待にそのまま応えられるかなんてわからないけど、期待される自分でありたいな、と思います。

きっとあなたも誰かに期待してるし、されているんだと思います。

そんな自分に期待して、明日もがんばりましょ~♪

この記事を書いた人

wakame
wakame
30代後半既婚。新卒入社から同じ会社に勤務。女性管理職のサラリーマン。旅行とお酒と楽しいことが大好き。自他共に認める健康体。オバサンではなくオジサン化しつつあるのが悩める不安。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!