ココロの栄養、足りてますか?

0

こんにちは。 wakameです。

「メンヘラ」をつい最近まで「メルヘンチックなアニメ好きのオタク」のことかと勝手に思ってました。ハタチの新入社員から失笑されました。。。

さて。
私は今の部署で少ないながらも部下を持って管理職として働いてます。
基本的に『丈夫な私』は、きっとカラダもココロもかなり丈夫に出来ています。
そのせいで周りのちょっと丈夫じゃないひとに対して厳しいのは、はい。スミマセン、自覚しておるところでございます。

そんな私を、いや周りを察して、上司に勧められるまま行ってきました。
『管理職のためのメンタルヘルスセミナー』

 

メンタルヘルス、ご存知ですか?

集まったのは、メンタルヘルスとはなんぞや?って感じのオジさまから、心の病と闘ってる部下を抱える若手の中間管理職の方。そして私みたいに上からいいから行ってこい!と勧められるままとりあえず来てみた感じのひともちらほら。ともかくいろんな企業のいろんな立場の人が集まってメンタルヘルスセミナーは始まりました。

メンタルヘルス。
あなたの周りに心に障害があったり、何かしらの不調を訴えて悩んでいる方はいますか。
もしくはあなた自身はどうですか。

俗に言う『うつ』にも色々な症状があって、さらには最近は、その原因となるものから離れられれば、旅行やデートは楽しめちゃうっていう『新型うつ』なるものもあるそうで、目に見えないのココロの病ってのは、ほんとに複雑ですね。

 

今回のセミナーで学んだこと。
『価値観の違いを認める』

当たり前だと思いますよね?これ、グループワークをやったんです。死ぬか生きるか、って状況下に置かれた5人の物語を読んで、さいごにあなたが好感を持てる順に5人を並べてその理由を述べよ、っていう。
その後、グループの意見をひとつにまとめて、グループでの順位と理由を述べたのですが。
これがね。びっくりした。

私の好感度順は、見事にグループの誰とも一致してなかった。一番好きな人、と嫌いな人が一致しないんだから、あれ?私ずれてる?
って微妙な空気が流れました…

みんなが『こいつが一番最低』と言った人物は私の順位では5人中3番目。好きでもキライでもない。
この人物は、相手の弱味につけこんで欲を満たそうとした嫌なヤツだったんだけど、そんなヤツ、世の中いっぱいいるじゃん?

嫌なヤツ = 嫌い、って誰もがこの図式に当てはまるわけでもない。みんなが好感度高いと言った登場人物のが私はキライだなーと感じたりして。私は『基本的に』『日頃から』うがった見方しかしていないのかもしれない、とショックを受けました…

違う人間なんだから、価値観も違うのは当たり前で分かってるつもりだけど、こんなゲームみたいなものでも、こうも違うのかー、そういう見方をするのね、ってハッキリ突きつけられると、なんだかんだ、分かってくれるはず、と思って接していたのかもしれないなー、と反省しました。
分かってくれてるハズ、分かり合えるハズ、っていう思い込みは、思っているより当たり前に存在してるのかもしれないって改めて思いました。

だから、分かり合えない、伝わらない、って思うとイライラしたり、悲しくなったりしますよね。
そもそも、『違うんだ』っていうことを理解したうえで始めれば、分かり合えた時、喜びになる。

メンタルヘルスの問題は、複雑で解決方法もひとつじゃないけど、相手の気持ちに寄り添おうと思うことが大切なのかな、と感じました。

相手の気持ちになって、とか相手の立場にたって、とか、それはこちらが勝手に考えてる相手の気持ちでしかないのかもしれない。
どんなに永く連れ添った夫婦でも、完全にわかり合うなんて出来ないんだと思います。
だからこそ、寄り添おうと歩み寄る気持ちをもって接していきたいですね。

追伸
病院のカウンセラーをやってる方が講師だったんだけど、優しそうに見えて眼鏡の奥の眼光が鋭かった…
セミナーの最後に、性格分析みたいなことをやったんだけど、私の結果を見て、「あなたは優しいところもあるけれど、それよりも厳しさが強い。もっと周りに優しくね」って苦笑されました。がんばります。

この記事を書いた人

wakame
wakame
30代後半既婚。新卒入社から同じ会社に勤務。女性管理職のサラリーマン。旅行とお酒と楽しいことが大好き。自他共に認める健康体。オバサンではなくオジサン化しつつあるのが悩める不安。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!