合言葉は、「モテるは、簡単に作れる!」で行こう!

0

いつもお世話になっております、ひよこです。

昼間は丸の内OL(もう誰も言ってない??)、
夜は銀座でカウンターレイディをすること早8ヵ月・・・。

 

ダブルワークは正直アラフォーの身体にはきついです。

 

が、しかしながら昼と夜、働いていることで見つけた
私なりの「モテる女性の特徴」を発見した気がするので
ちょっと書いてみたいと思います。

 

結論、「モテる、ってとっても簡単、わかりやすい法則がある」
シャンプーのコマーシャルで「可愛いはつくれる!」ってのが
あったけれども・・・同様に「モテるもつくれる!」です。
それも、とっても簡単に!

 

昼間のオフィスでは、カッコいい女性が一目置かれる

エビちゃんOLなんてものが流行ったのですが・・・確かに可愛い。
でも、職場である以上、ある程度仕事ができないことには
社内での評判も悪くなってしまう。

 

巻いた髪を気にして、1時間に一度はお化粧直しで席を立つ。
ネイルが剥げるのが嫌で、雑用は率先して遠慮する・・・。
夜は合コンのお誘いがあれば、定時前からトイレにこもり
化粧直し・・・。

 

こんな同僚居たらやだよねぇ~。(ほんとに居たら見てみたい気もするけどね)

 

こう言った外見エビちゃんOLは、本人が20代のうちならば、
なんとか社内でもモテていたのかもしれない。が、しかし・・・
30代に突入するとただの、「仕事のできない人」という認識に
なってしまう。

 

一方で、バリバリと仕事をこなし、多少のやつれ感が出ていようが
仕事で実績を出している女性は職場の殿方からも一目を置かれて
なんだかんだで、定時後にも飲みに誘われたりしている。
本人としてみたら定時後まで仕事の話なんてしたくないだろうけど・・・
男性社員の悩み相談に乗ってあげたり、仕事関連の話もエビちゃんOLなんか
よりも断然盛り上がるから・・・職場での人気はかなりある。

一方、夜の職場では・・・

まぁ、30過ぎてエビちゃんOL風ってのも痛いものがある、とは私の個人的な
意見ですが・・・(実はちょっと憧れるけどぉ)

 

しっとりとした癒しのある女性が人気がある。まぁ、私が働いているのは
女性が接客することを前提とした飲み屋さんなので・・・当然、お客様が
私たちに求めるものは、「女性らしさ、癒し」的なものである。

 

綺麗にお化粧をして、髪の毛もしっかり巻いて
お客様の話すことに、にっこりと微笑む。
賛否両論あるだろうけど、まぁ、これでも十分にモテる要素となる。

 

逆に私のように、地味で(顔は派手なんだけどね、化粧が下手)、
巻き髪もうまくできず、年齢もアラフォーでは、とてもモテる、とは
言えない。もちろん、そんな実感もなし。

 

昼と夜、オフィスとバー、時間と場所が変われば、
モテの要素ももちろん変わってくる。

 

では、合コンでモテるには?

先日、夜に一緒に働いている女性に頼まれて、「合コン」をセッティングした。
彼女曰く、「職場ではぜんぜんモテないんです~、周りからも結婚しないのか?
って、心配されちゃって」とのこと。
ふむ、そんなことを言われたら、合コン女王としては是非にセッティングを
してあげたいと思うわけですよね。

 

実際に、合コンをしてみました。
もともと、とっても美人さんなので、私的にはモテないわけがない・・・と
思ってはいたのですが・・・。
接客業をしているだけあって、初対面の人とのコミュニケーションも
ばっちり。
合コンが終わるころには、向かいに座っていたどの殿方も全員彼女に夢中。

 

さて、ここで肝心なのは、なぜ彼女がモテたのか?ということ。
「美人だからでしょ?」で終わらせないでね。

 

もちろん、それも一因ではあると思う。が、それ以上に大切なのは
合コンにおいて、殿方がどんな女性が来たら嬉しいのか?をしっかりと
理解するということ。
仕事に疲れた男性は、女性に癒しを求めています。
綺麗にしている(ここ重要、のちほど解説)女性と
殿方だってちやほやされたいのです。
綺麗にしている イコール 美人でなくても大丈夫。
身だしなみに気を付けて、痛くない程度の若作りと
楽しい会話、それが重要。

 

分かりやすい女性らしさをアピールしましょう。
決してバカっぽくは見せないように・・・三枚目キャラはNGです。

巻き髪、綺麗に磨いた爪(もしくは控えめなネイル)、明るい色の服。
たしなむ程度のお酒(酔っぱらってはいけません)、綺麗な箸使い。

もし、仮に昼間はバリバリと仕事をしていたとしても、それを感じさせない
殿方を立てる会話(決して張り合ってはいけません)。
なぜ、モテなければいけないのか?

 

以上、書いているのはあくまでも「合コンで」モテるための秘訣です。
とりあえず、その場だけ、もしくはその後数週間だけでも
モテていれば良いのです・・・なぜならその「モテた」という
結果自体が、その後のあなたの自信となって、さらにモテ度を
加速させていくのですから。
何ごとにも成功体験が必須です。
正直、今のあなたが、「私なんてぜんぜんモテない」って卑屈になっている
ならば、合コンでは、徹底的にその場だけでもかわいらしい女性を演出して
モテるようにしてください。
私の中での「モテる」の定義はハードルが低いです。合コン後、殿方から
お誘いを受けたら、それはもう、「モテてる」です。
モテるのなんて簡単です。ここまで書いて、一番大切なことを伝え
忘れているので太字で書きますが・・・
あくまでも・・・モテることが最終目的ではありません。

最終目的は、「素敵な殿方と結婚すること」ですよね?
モテるのは、それをクリアするためのひとつの目標に過ぎません。
自分に自信をつけるためにも、結構簡単にクリアできる「モテ」を
体験してみてほしいものです。
ちなみに・・・私はちょっと特殊な事情(まぁ、要するにごにょごにょ・・・)
によって、今回書いてきた正攻法は使わずとも
「(ハードルの低い定義での)モテ」はかなりあります!
その裏技は、まぁ、いつも書いてるんですけどね・・・。

 

というわけで、今日からは「モテるは、簡単に作れる!!!」
合言葉に頑張って合コンに励んでください。

 

絶対にあなたなら、この目標をクリアできると確信していますので!
では、またねん。

この記事を書いた人

ひよこ
ひよこ
1970年代生まれのO型、肉食女子です。猪突猛進、と言われ続けて早20年。毎日、沢山笑って、沢山話して、沢山幸せを感じながら生活できるように、日々、精進中!趣味は、お酒と、読書。あと、合コンセッティング。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!