恋愛したい女子におっさんがアドバイスをするとしたら

0

先日、大阪でLifestyle & Co. のディレクターこと
岡本さんにお会いした話を書きましたが、

実は岡本さんには聞きたいことがあったんです。

どういうネタが良いんですかね?

ここでの「良い」というのは
20代~30代女子が

気になったり、
読んで面白かったり、
ちょっとほろっとしたり、
そのほか色々なことのきっかけ
になりそうな

という意味なんですが、

「焼きいも農家さんはこれでいいと思いますよ

ということだったので、

え、いいんすか?

と思いつつ、本編に入ろうかと思います。

まずはリサーチ!

なんて書きますが、
女性向けのファッション誌を
むさぼるように読むわけではなく、

このサイトの他のライターさんの記事を読んでます。

40代男子の私が読んでも結構面白い記事があるんですよ。

外資系金融のハイスペック男子の合コン結果
という記事には

「さすがハイスペック男子って、
仕草というか醸し出す空気が違うんだな!」と
思ったり。

男を夢中にさせる「寅子」の心得」にある

大体のモテテクって、ただただ男子にとって都合がいい女を増やすだけのテクニック。

なんて一文を見ると気圧(けお)されたくなくてふるえるわけです。

自分はすっかり、
そういうのとは縁遠い世界の片隅におりますんでちょっとホッとしてます。

20代のころ読んでたかったですよ。

そんな中、とあるライターさんの記事が気になったんですよね。

「物件探し」とは良いたとえだ

彼氏探しと物件探しに共通点を見出しました
という記事なんですが、

これを書いている真崎さんは
生まれてから一度も彼氏がいなくて
恋がしたい」と、

恋愛経験の豊富な友人からは
とりあえず(以下略)」と言われた、と……

要は自分の好みがはっきりしない、
好きなタイプは?」と聞かれるぼんやりするけど
いざ眼の前に現れたら「ちょっと違う」となってしまう
ということにお悩みのようでした。

これね、私の妻もそうだったんですよ。

エピソードはいくつかあるんですが、その中のひとつで
婚約指輪を買いに行ったとき、
丸二日かけて、新宿、銀座と4~5件巡りました。

石についてはダイヤが良いということで、
予算の関係もあり選択の余地はあまりなかったんですが、
リングの形状にそうとう悩んでいました。

自分の場合、買うと決めたら割とあっさり「これ」と
決めてしまうので、こんなに時間がかかるものかと
驚いたものです。

おかげで、ダイヤモンドの4C
(カラット、クラリティー、カラー、カット)
には詳しくなりました。

(どうでもいい豆知識ですが、この4Cで一番重要なものは何だと思いますか?
 答えは書きませんが、ダイヤを見るときには必ずルーペを使ってくださいね。)

まあでも、一生に一度(多分)の買い物ですからね、
買ってみたら違ったんで返品します、ってわけにもいかないんで
二日くらいで済んでよかったのかもしれないです。

某国ではまず「する」みたいですけどね。

出会いを求めるのはいいと思います。
やっぱり経験しないとわからないことってあるしね。

まあでも焦らないことですよ。

ヨーロッパのとある国では付き合う前に体の相性を確かめるそうですが、

ここは日本ですし、なんだかんだいってもまだ20代ですから

「とりあえず誰かに(以下略)」まで
焦らなくていいと思います。

というか、割と「出会いのある仕事」はしてますよね……方向性はアレですけど

飢えた目をしていると、
まともな人からはひかれますし、変な男ばっかり寄ってきますから。

ただし、仮に気に入った方が現れたとしても、
男性の方から選んでもらえることはほぼない
と思ってください。
そこはテキーラ入りクッキーでも、ヘパリーゼでも、積極的にいくことです。

最近は「おっさんレンタル」という
(おっさん的には)素敵なサービスもあるんで、
とりあえず話聞いてもらうのもいいかもね。

なんならわt……おっと、後ろに奥さんが立ってたよ。

ではでは、女子向けサイトなのに
おっさん全開で失礼しました。

この記事を書いた人

焼きいも農家
焼きいも農家
某メーカーで11年エンジニアを務めましたが、一念発起して2010年に東京から宮崎に移住し、農業を始めました。妻と三人の子供と暮らしています。妻より家事をこなし、最近は「発想が主夫になっている」と言われることがあります。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!