心の込もったカードを送って相手を感動させてみませんか?

0

こんにちは。イギリス在住ライターのKANAです。
ちょっとしたことでもカードを送る習慣があるイギリスでは、さまざまなシチュエーションに合わせたカードが存在します。感謝の気持ち、愛する気持ちをカードで表現することによって、さらにぐっと距離が縮まります。
ぜひ大切な人に、もっとカードを送りましょう。

クリスマスにも感謝の気持ちをカードに込めて

12月に入ると、あちこちでクリスマスソングが流れ、わくわくした気持ちになりますよね。彼や旦那さまへのプレゼントを考えている人も多いのではないでしょうか。
プレゼントももちろん大切ですが、それと同じくらい大切なのがカードです。カードに日頃恥ずかしくて言えないことや正直な気持ちを書くことで、あなたの気持ちが伝わります。

イギリスでは、しょっちゅうカードを送り合う習慣があります。恋人や家族はもちろん、同僚や先生にもカードを送ります。もちろん、気になる彼にもカードを渡すことで、距離をぐっと縮めることもできるのです。
クリスマスカードに愛の言葉を書くなんて恥ずかしい!という人は、感謝の気持ちをカードに書いてみてはいかがでしょうか。

なんでもない日にカードを送って感動させる

カードは特別な日に送るもの。と思っている人が多いかもしれませんが、なんでもない日に送るからこそサプライズ効果があるのです。
イギリスのカードは、シチュエーションやイベントに合わせてのものに加えて「あなたを想っています」「ありがとう」「大好き!」といった季節にとらわれないカードもたくさんあります。

私は、イギリス留学で知り合ったアーティストの友達に「あなたのアートの大ファン」というカードを送ったり、季節の変わり目に語学学校の先生が変わる時、「最高の先生、ありがとう!」といったカードを送りました。
もともと手紙やカードを送るのが好きだったのでやっていたのですが、とても喜ばれたのを覚えています。

この先もずっと付き合っていきたい」と思う人には、男女問わずカードで感謝の気持ちを伝えると、人間関係がとてもうまくいくと思います。
気になる人、付き合いたい人にこのサプライズをすれば、距離がぐっと縮まり、意識してもらえるきっかけにもなると思います。

相手にぴったりのカードを見つける

%e8%8a%b1%e6%9d%9f

カードに何を書くか、ということももちろん大事ですが、それと同じくらい重要なのが「どんなカードを選ぶか」ということです。
相手のことを考えてカードを買いに行くという行為が、すでに相手にとっては嬉しいものです。そのカードはその人の趣味にぴったり合うものだったり、飼っているペットに似ているデザインのもの、友達ならちょっと笑えるものなども良いですね。
恋人や気になる人へのカードは、妥協しないで「これだ!」と思うものを探すことがポイントです。
カードを渡す時には、「あなたにぴったりのものを探してみたのよ」と伝えると、カードをもらった側としては、「自分のことを考えて選んでくれたんだ…」と、さらにキュンとして嬉しくなると思います。

カードには素直な気持ちを書こう

カードに書く言葉は何がいいかな、と悩むかもしれませんが、形式にとらわれるよりも正直な気持ちを書くのが一番相手の心の響きます。

この前わがままを言ってごめんね。

いつもお洒落でいてくれて嬉しい

本当は一目惚れだったの

会えない時は寂しいな

これからも色んなところに旅行に行こうね

などなど、普段は心の奥で思っているけど言えないことを書くのです。
飾る必要も、大げさなことを書く必要もありません。カードに書いていることは、「正直な本当の気持ちなんだ!」と思ってもらえます。本当に伝えたいことを書きましょう。

最後に

カードを送るのは恥ずかしい、と思うかもしれませんが、実際に言葉で言うよりも冷静になることができ、あらかじめ準備もできるので便利です。
感謝の気持ち、友情、恋する気持ち、これからもずっと一緒にいたい気持ちなどを、カードに書いて大切な人へ送りましょう。
相手をハッピーにするだけでなく、自分もほんわかと優しい気持ちになることができます。

また、カードは言葉と違ってずっと残るものです。その後の相手との関係をずっと繋いでくれる役割もあるのです。
「この人とは離れてもずっと付き合っていきたい」。そんな風に想う相手には、ぜひカードを送ってみてくださいね。

 

 

この記事を書いた人

KANA
KANAフリーランスライター
イギリス在住のフリーランスライター。イギリス・ブライトンで1年半の留学を経てイギリス人と結婚。現在はケント州在住。美容記事、海外生活記事などを執筆中。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!