イギリス人の大好きな定番メニュー『イングリッシュブレックファースト』って?

0

こんにちは。イギリス在住ライターのKANAです。
イギリスは料理がまずいと言われたりしますが、美味しいイギリス料理もちゃんとあります。今回は、イギリス人の大好きな定番メニュー『イングリッシュブレックファースト』をご紹介いたします。

フル・イングリッシュブレックファーストとは

イングリッシュブレックファーストというのは、イギリスの伝統的な朝食のセットのことです。
イギリス人はこれを毎日朝食に食べているの?と思うかもしれませんが、そういうわけではありません。
普段のイギリス人の朝食は、シリアルやトースト、果物だけなどとても簡単なもので、おそらく食べない人も多いでしょう。

フル・イングリッシュブレックファーストというのは、イギリス人が休みの日の朝、あるいは朝昼兼用に食べる、かなりボリュームのあるメニューのことです。
ソーセージ、目玉焼き、ベーコン、豆を煮たもの、マッシュルームソテー、トマトのソテー、トースト、そしてブラックプディングという豚の血のソーセージがすべて乗ったワンプレートのことです。
店によってはハッシュポテトがついてくることもあります。
カフェやパブ、ホテルの朝食などたいていの場所で食べることができるメニューです。

寝坊したブランチにぴったりのボリューム感

イギリス人がこのフル・イングリッシュブレックファーストを食べるのは、基本的に休みの日のブランチです。
飲みすぎて昼過ぎまで寝てしまった日、土曜日ののんびりした朝食など、ゆっくりと時間の取れる朝に食べる定番メニューなのです。

イギリス人に言わせると、フル・イングリッシュブレックファーストを食べるとその後は何もしたくなくなるほどお腹がいっぱいになるので、休みの日の象徴のようなものだそうです。
確かに食べてみるとすごいボリューム感。私は今でこそ全部食べられますが、小食な日本人にはちょっと重たいかもしれませんね。

ちょっとグロいブラックプディング

イングリッシュブレックファーストに入っているものは、ソーセージやベーコンなど朝食として一般的な食材がほとんどですが、真っ黒の物体がかなり奇妙な存在です。
これはブラックプディングという名前で、見た目は黒いソーセージの輪切りのようです。
黒いのは豚の血液を固めて作ったソーセージだからで、味はレバーのような感じ。やはり少し血の味がします。

日本ではまず見かけることのないこの奇妙なソーセージは、新鮮なものだと臭みもなくとても美味しいです。
このブラックプディングが乗っていると、本格的なフル・イングリッシュブレックファーストという感じがします。

私のお気に入りはハーブ入りのソーセージ

イギリスに来たばかりの頃は、イングリッシュブレックファーストは量が多すぎて、油っこくて最後まで食べられない!と思っていましたが、今では慣れて全部食べられるようになりました。良いのか悪いのか分かりませんが。

イングリッシュブレックファーストの中で私が好きなのはソーセージです。イギリスのソーセージは肉感が強く、とてもジューシーで美味しいのです。
とくにハーブが入ったものは香りが高く、肉なのに爽やかに食べられます。
ドイツのソーセージも美味しいですが、イギリスのソーセージも負けていないと思います。
半熟の目玉焼きと一緒に食べるとかなりいい感じです。

最後に

いかがでしたか?イギリス人が大好きなフル・イングリッシュブレックファーストは、かなりボリュームのあるメニューですが、イギリス人がみんな大好きな定番メニューです。
ブラックプディング以外は日本でも簡単に手に入るものばかりです。
ダラダラと過ごしたい日に試してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

KANA
KANAフリーランスライター
イギリス在住のフリーランスライター。イギリス・ブライトンで1年半の留学を経てイギリス人と結婚。現在はケント州在住。美容記事、海外生活記事などを執筆中。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!