反省することは決して悪いことではない!それを成長の糧にしよう!

0

こんにちは、東京みどりです。
気が付いたら、2016年12月も残りわずかです。本当に毎日があっという間に過ぎていく感じです。最近までTシャツを着て、ふらふら外を歩いていた気がするけど・・・今はしっかりとコートを着ないと寒くて風邪をひいてしまいそう。振り返ってみれば、いろんなことがあった2016年。何か失敗したり、傷ついたりするたびに、自分の行動を反省したりするけれど・・・これって当然私だけのことではないんですよね。

いくつになっても人は落ち込み、反省をする

私の会社の先輩は、50半ば。そんな彼女は社歴も長く頼れる人材。仕事もバリバリとやっているのですが、そんな彼女が先日ランチの時に、「あぁ、また私、同じ失敗をしてしまったわ~」と、落ち込んでしました。話を聞いてみると、どうやら会議中にひと言余計なことを言ってしまったらしい。「毎回、口から出てしまった後、すぐに後悔して反省をするんだけどね・・・」どんなにベテランになって、仕事ができても、こうしてちょっとしたこと(発言内容は分からないけど)で、落ち込んだり反省したりする。
人間は年齢を重ねたから失敗が少なくなるわけではない、と思います。その年齢に合った、それなりの失敗をしていき、そしてそれは成長につながると思います。反省しない人、ってたまにいるけど、そういう人は成長しない人でもあると思う。

年齢を重ねて、「質の高い失敗」をしよう

先輩の例で考えてみると・・・彼女の20代の頃の失敗より、今の失敗のほうが質の高い失敗の気がします。いうなれば、今の失敗をするためには、20代の頃の失敗がベースになっていると思います。20代しか経験しない失敗、そして、50代でしか解決できない失敗、いろいろあると思います。
そう考えると、失敗ひとつとっても、自分の年齢や経験が反映されていて、ちょっと面白いな、って思いませんか?逆に、いつまで経っても、幼稚な失敗をしていると、人間的な成長がない人なのかな、とか思ってしまうかも。これは自分にも当てはまるから気を付けよう・・・。そして、失敗した時の対応も気を付けないとね。落ち込むのは悪いことではないし、反省するのもとっても大切。だけど、それが「つまらないことでいつまでも悩む」だったら、人間としてとても小さく見えてしまいますから。
ことわざにもあるように、「小人は小事にあくせくす」はやっぱりかっこ悪い。

2017年に向けて、私の目標

2016年は、平日昼間の事務職に加えて、ライターというお仕事もいただき、二足のわらじでやってきました。ライターになれたことで、今までとは違う人と出会ったり、交流ができたり。
辛いこともあれば楽しいこともありました。失敗も反省もあったけれど、今振り返ると、成長もそれなりにできたのではないかな、と思います。
新しいことを何かスタートすることは、楽しいだけでなくて、ストレスも感じるものです。良いストレスなら、それは大歓迎!でも、時として、まったく不要なストレスもありますよね。2017年は、不要なストレスをうけないように生活していきたいなぁ、と思います。反省をもとに成長し、ストレスは回避する!これを目標に2017年も頑張っていきたいと思います。
あなたもこの時期、いろいろと振り返ることがあると思います。反省は必要、でも落ち込みすぎたりしないように。新年明けたら、ちゃらになる、くらいの気持ちで。
それでは、良い年末年始をお過ごしください。
みどり

この記事を書いた人

東京みどり
東京みどり
読書と食べ歩きが大好きな都内在住の30半ばOL。

外見、内面とも自他ともに認める「平均的女性」。ハウツー本を読むばかりでなかなか実行できないのが悩み。今後の目標は、活動的になること!アウトドアに挑戦すること!

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!