私が初デートをする時に気を付けている3つのこと

0

いつもお世話になっております。ひよこです。
今回は、デートに誘われた時に私が気を付けていることを書いてみたいと思います。
超ベタな内容かも知れませんが、30代後半以上の男性には結構ウケると思います。

テーブルよりもカウンター席を選ぶ

お店に入って、カウンターがあるならば、ぜひカウンター席に座るようにしましょう。
一番に、テーブル席で向かい合って座るよりも、殿方との距離が近くなります。さりげないボディタッチも可能です。また、食事中ずっと正面から見られているとなかなか食べづらかったりしませんか?
また、食事の際には、スカートの上にハンカチを広げるようにしましょう。もちろん、綺麗にアイロンをかけたものをしっかりと用意していきましょう。デートの時には、ハンカチは2枚用意していくようにするといいですね。スカートが短すぎる時には隠すこともできますし(あまりにも短いスカートは殿方にウケません)、汚れないようにするという女性らしさもアピールできます。もちろん、お店がナプキンを用意しているような時には、ハンカチを乗せる必要はありませんよ。

お店選びは殿方に任せる

最初のデートでは、殿方にお店を選んでもらいましょう。おそらく最初のデートでは相手もかなり気合を入れてきています。出来れば、自分のテリトリー(慣れたお店)に連れて行きたいと思うものです。こちらが指定したお店では、殿方が緊張してしまう場合もあります、慣れてないから。最初のデートくらいは、主導権はすべて殿方に任せるよにしましょう。
時として、お店選びが下手な殿方もいますが、それでも笑顔で「素敵なお店ですね」と言うようにしましょう。または、「お料理が美味しい!」とにかく、殿方が選んでくれたお店を褒めることを忘れないようにしましょう。
「俺も初めてなんだけど」という場合もあります、そんな時には、「へぇ~、こんな素敵なお店良く見つけられたね!」と言って褒めましょう。とにかく、華を持たせること!

会計はスマートに、素直に「ありがとう」で御馳走になる

30後半ともなれば男性もそれなりに経済的に余裕が出てきていることが多いです。最初のデートくらいは、割り勘派の女性であっても男性に御馳走になっても良いと思います。会計時に、レジの前で、お互い財布を出して・・・というのだけは避けるようにしましょう。
最近は、テーブル会計も多いので、ベタですが、お手洗いに立つ、というのもOKです。
私は、最初のお店で殿方に支払っていただき、「もう一軒、どうですか?」と言って次のお店では私が支払うようにしています。もし、2軒目に行きたくない場合は、無理に行く必要はないと思います。「御馳走様でした」と言って別れても良いでしょう。ここで、お会計のことを持ち出されたら、しっかりと支払うようにしましょう。
基本的に、最初のデートで行くお店は、「御馳走さま」でいいと思います。その代り、相手を全力で楽しませてあげる努力は必要です。「あのお金、惜しかったな」と、思われないこと。「楽しい時間だったなぁ~」と思ってもらうようにどんな相手であってもそこは頑張りましょう。
どんな時でも、どんな相手でも楽しませることが出来るようになれば、いつでも女友達から合コンに呼ばれるようになります。その訓練を兼ねて、常に男性に喜んでもらえる女性になりましょう。

おわりに

30過ぎてくると、40代男性からのお誘いも出てくると思います。気乗りしない場合でも、とりあえず出かけてみるようにすることをお勧めします。とにかく男性と二人で出かけることに慣れるようになることを心がけてみてください。
数をこなしていくことであなた自身が男性を見る目を養えるようになります。どんな相手とでも会話をすることが出来るようになれば、それはそれでかなり強いスキルとなっていきます。仕事にも使えるスキルだと思います。
私自身、いろんな男性と出かけて、その上でどうしても合わないタイプ、というものが分かるようになってきました。不思議なもので、そういったタイプからは誘われることもなくなってきました。自分に合うタイプが分かるようになると、自然と周りも気が付くようです(なんとなく、そう思います)。
ちなみに、35を過ぎるとぐっとお誘いの数は減ります。40を超えるともっとずっと減っていくでしょう。だからこそ、今、誘われることを光栄に思って、その機会を無駄にしないようにしてくださいね!
では、またねん。

この記事を書いた人

ひよこ
ひよこ
1970年代生まれのO型、肉食女子です。猪突猛進、と言われ続けて早20年。毎日、沢山笑って、沢山話して、沢山幸せを感じながら生活できるように、日々、精進中!趣味は、お酒と、読書。あと、合コンセッティング。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!