海外生活式!英会話を劇的に上達させる習慣とは

0

海外生活をしていれば、自然と英会話が身につく!と思うかもしれませんが、実は大切なのは習慣です。海外生活や旅行をしている時、あるいは日本にいながらにして英会話を上達させる習慣とはどんなものなのでしょうか。

海外で役に立つ英会話

将来的に海外生活をしたいと思っている人や、海外旅行好きの人は、英会話を取得しておくと非常に便利ですよね。実際に海外生活をしなくても、現代では英語を使う機会はどんどん増えているのではないでしょうか。英語は世界中の国である程度通じる共通言語なので、使えるととても便利ですよね。

 

実際に海外生活をしたいと考えている人は、できるだけ短期間で英会話を学びたいと考えているのではないでしょうか。そんな方は、毎日の習慣によって英会話を効果的に身につけるポイントを知っておくと良いでしょう。ポイントを押さえておくことで、英会話はぐんぐん上達するのです。

海外生活するだけでは英会話は身につかない

英語圏の海外で生活すれば、それだけで英会話ができるようになると考えている人も多いかもしれませんが、実際にはそうではありません。現在はインターネットが普及しているため、英語圏に住んでいても日本語を聞き続けることができますし、情報も日本語で集めることができるからです。また、昔と違って買い物するにも言葉を話す必要がない場合も多くなっています。そのため、海外で生活していても現地の言葉を話す必要がない場合も多いのです。

 

逆に言えば、意識さえしっかりと持っていれば、日本で生活していても英会話を上達させることは可能なのです。

 

英会話を上達させたいと思ったら、毎日の習慣を意識して取り入れることが必要です。基本的な勉強はもちろん効果がありますが、生活の中のルーティーンで英会話を上達させるポイントを押さえておくと、より短期間で無理なく英会話を習得できるでしょう。海外生活を始める前や、日本にいながらでもできることも多いので、ぜひ参考にしてみてほしいと思います。

英会話を上達させる習慣

短期間で英会話を上達させるには、猛勉強が必須!と思っている人も多いかもしれませんが、それよりも簡単で効果的なのが毎日の習慣です。隙間時間にできることを、今日から始めてみてはいかがでしょうか。

英語のニュース番組を毎日チェック

英語圏で生活してまず驚くことといえば、現地の人の話す英語が聞き取れない!ということです。ネイティブの人は、私たち日本人が日本語を話す時と同じように、教科書通りの英語をしゃべるわけではありません。早すぎたり、アクセントがあったりして、なかなか聞き取れないことが多いのです。

 

そこでまず耳を英語を慣らすためには、ニュース番組を見るのがおすすめです。というのは、ニュースを伝えるアナウンサーのしゃべる英語は聞き取りやすく、アクセントもないのがほとんどです。きちんと正しい発音でしゃべっているため、私たち外国人でも聞き取りやすく、また発音のお手本にもなります。

 

海外のニュース番組はアプリを使って観ることができます。国によってアクセントは異なるので、自分が住みたいと思う国のニュース番組を観るのがおすすめです。

新しい単語を毎日覚える

英会話を始めると、自分の話したいことが伝えられない!ということにもどかしい思いをすると思います。日本の英語教育では会話に重点を置いていないため、文法などがしっかり分かっていても実際にしゃべるとなるとできない、という人が多いのです。

 

ネイティブとの会話で大切なのは、何と言っても単語力です。単語さえたくさん覚えておけば、会話の筋を理解することができ、自分の伝えたいこともなんとか伝えることができます。逆に文法からしっかりとやろうとしても単語力がなければ、思っていることはいつまでも相手に伝わりません。

 

毎日少しずつでも良いので、新しい単語を覚えていくようにしましょう。現在はスマホのアプリで便利なものもあるので、自分でやりやすい方法で覚えていくのが一番です。新しい単語は、毎日の生活の中で疑問に思ったことをすぐに調べて覚えていくのがおすすめです。覚えた単語は、なるべく早く口に出して実際に使ってみるようにします。そうすることで自分のものにすることができ、会話がどんどんレベルアップしていくのです。

新聞のヘッドラインを読む

耳から入ってくる英語は、自分で意識して覚えようとしない限り身につきにくいですが、視覚から入ってきた英語というのはすんなり覚えやすいです。

 

おすすめなのは、毎日新聞に目を通し、読むのではなくヘッドラインだけを訳して読むことです。新聞のヘッドラインというのは、プロの記者によって非常に考えて作られているため、それを読むだけで内容が想像できるようになっています。

 

また、キャッチーなヘッドラインにするため内容を凝縮したりユーモアを交えているため、実際の会話をする上でとても役に立つことが多いのです。ヘッドラインだけなのでそんなに時間をかけることなくできますし、すべての記事ではなく自分の興味のある記事だけでもOKです。

 

例えばスポーツに興味のある人はスポーツの結果だけでも良いでしょう。新聞のヘッドラインを読んでおくと、現地の人との当たり障りのない会話のとっかかりにもなります。

 

英語の新聞を購入するのも良いですし、今はアプリで簡単にチェックすることができます。通勤時間などに日本の新聞と擦り合わせてみながらチェックしてみると良いですね。

 

 

英語で日記をつけてみる

日本語にしても英語にしても、会話の中で自分が話すことというのは、起きた出来事について自分がどう思ったか、ということが多いと思います。とくに英語圏の国では、自分の意見はしっかりと言った方が良いとされていることが多いです。

 

毎日あった出来事や、その時どう思ったかということを日記に書くことによって、常に会話をする準備ができている状態になります。英会話で自分のことをしゃべる時は、自分に関することを説明する単語を知っておく必要があるので、日記で書くことによって、あらかじめ単語を調べたり、文法をチェックすることができるのです。

 

日記をつける時には、常に英語で誰かに語りかけるイメージを持っておくと良いでしょう。本格的な日記でなくても、手帳に少し書く習慣だけでもかなり効果的です。

エクスチェンジパートナーを見つける

都市部に住んでいる場合、エクスチェンジパートナーを見つけて会話の練習をするのがおすすめです。日本語を勉強したい英語圏の外国人をネットなどを通じて見つけて、カフェなどで1時間程度おしゃべりします。こちらは英語の会話の練習をすることができ、相手は日本語の練習ができるので、お互いにとってメリットがあります。

 

実際に会わなくても、ネット上で英語のやりとりをするだけでもかなり練習になるので、試してみる価値はあるでしょう。エクスチェンジパートナーとは、英会話の練習だけでなく、その国の文化や習慣、生活スタイルなどを教えてもらうことができるので、海外生活をより身近に感じることができるきっかけにもなります。

最後に

いかがでしたか?英会話を始めるのに遅いということはないので、思いついたら日本国内でも練習をしてみるのが良いと思います。海外生活だけでなくても、海外旅行の際や実際に外国人に会った時など、英会話を身につけておくと役に立つ機会は多いので、まずは自分にできる習慣から始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

KANA
KANAフリーランスライター
イギリス在住のフリーランスライター。イギリス・ブライトンで1年半の留学を経てイギリス人と結婚。現在はケント州在住。美容記事、海外生活記事などを執筆中。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!