海外生活に向いているのはこんな人!海外生活に必要な条件とは

0

海外生活というと、おしゃれで素敵なイメージがあるのではないでしょうか。イギリスに住んでいる筆者としては、時々不便さに辟易し、日本に帰りたくなる時も多々ありますが、日本にいたころは海外生活に憧れていたものです。

実は、海外生活を送るには、人によって向き不向きがあるのです。向いている条件にあてはまる部分が多い人ほど、海外生活がしっくりくるのではないかと思います。いつか海外生活を送ってみたいと思っているあなた!当てはまる部分があるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

海外生活に向いている人の条件

何かと不便なことが多かったり、トラブルも起きやすい海外生活。そんな生活でもやっていける人、向いている人とはどんな人なのでしょうか。

好奇心が強い

好奇心が強い人は、自分から進んで行動することができるので、海外で生活するにはぴったりです。海外では、日本では想像できないようなことやありえないことが平気で起こります。そんな出来事を楽しんでいくためには、何事にも興味を持って「知りたい!」と自分から進んで行動することが必要です。

 

また、好奇心が強い人は、海外について興味を持つだけでなく、さらにそこに住む人の生活にも興味を持つことが多いです。どんな習慣があり、どんなルールがあるのか、現地の人はどんなことを考えているのか、といった好奇心を持つことによって、早くその国を知ることにもつながり、そこに馴染むのも早くなります。

人との違いを楽しむことができる

自分とは全く違った考えや生き方、習慣などを持っている人とも仲良くなり、その違いを楽しむことができる人は海外に向いています。日本を一歩飛び出すと、全く違った文化や宗教、考え方の人の中に入っていくことになります。常に似たような価値観や考え方の人と一緒にいることはできず、それどころか違った人とどれだけ心を通わせることができるか、というのが大切になってくるのです。

 

自分と違った人の意見や習慣もすんなりと受け入れ、その違いを「面白いな」と思うことができる人というのは、海外生活にとても向いているでしょう。

海外生活に目的を持っている

海外生活をするには、きっかけや目標があるはずです。語学などの学びたいことがある場合、結婚など愛する人と一緒にいるため、文化や習慣を身につけるため、その国が大好きなど、人それぞれ理由があるでしょう。

 

海外生活を長く継続していくと、必ず途中で諦めて日本に帰りたいという思いが頭をよぎることがあります。ホームシックやつらいことがあった時、海外ならではのトラブルに巻き込まれた時など、「日本に帰りたい!」という思いが強くなることがあるでしょう。

 

そんな時でも、海外生活にしっかりと目的を持っている人は、冷静に物事を対処することができ、つらいことも乗り越えていくことができるのです。誘惑も多い海外生活では、当初の目的を途中で見失いそうになってしまうこともあるでしょう。そんな時でも強い意志と目標を持ち続けることができる人は、どこでもやっていけるはずです。

人に気を使うのが苦手

日本人は、周囲からどのように見られるかということをとても気にします。ところが、海外のほとんどの国では、他人のことには無関心で、あまり気を使わない人が多いです。海外で日本と同じように気を使ってもあまり意味がなく、逆に傷ついたり疲れたりしてしまうのがオチです。

 

人に気を使ったり、空気を読むのが苦手という人は、実は海外では気にすることなく暮らすことができるので楽でしょう。日本では気を使ってばかりいたけれど、海外ではその必要がないため、羽を伸ばして自分らしくいられるという人は、海外生活を思いっきり楽しむことができるはずです。

人と群れるより一人が好き

集団行動が苦手、人と同じことをするのが嫌、という人も海外生活に向いています。人と群れているのが嫌いな人は、海外で一人になっても気にせず自分のペースで楽しむことができるからです。周りのことを気にせず、自分の思ったように行動する人は、何か起きた時も当然自分で対処しなくてはならないので、自己責任で行動することに慣れている人が多いです。

 

そのように精神的に自立していて、人と一緒にいることにこだわらない人は、海外生活でも落ち着いて生活していくことができるでしょう。普段から一人でいるのが好きなため、ホームシックにかかる可能性も低くなります。

こだわりすぎず柔軟性がある

こだわりがあるのは良いことですが、海外では日本のように便利なシステムがないので、思ったようにいかないことも多いです。そんな時、そのこだわりのせいでストレスを感じてしまう人は、海外生活自体もストレスになってしまいます。

 

何事にも柔軟性があり、「こうしたい」と思っていたことができなくても「まあいっか」とある程度いい加減に考えられる人の方が、海外生活は向いていると言えるでしょう。あらかじめ立てた計画などがうまくいかなくても落ち込まず、「そんなこともあるさ」と前向きにとらえることができる人でなければ、海外ではやっていけません。

はっきりとものを言う

日本では、相手のことを思ってオブラートに包んで物事を言ったり、遠回しな言い方が良いとされる場合もあります。けれど、海外でははっきりと自分の意見を言わなければ勘違いされてしまったり、自分の意見がない人と思われてしまう場合が多いのです。

 

逆に、はっきりと物事を言う人は好印象を与えることが多く、何を考えているか分かりやすいので海外でもうまくやっていくことができます。日本ではちょっとキツイ性格と思われている人でも、海外では普通か、逆にそれが人気の理由になったりすることもあるのです。

ストレス解消法を知っている

どんな人でも、海外で生活しているとストレスが溜まることがあります。そんな時、自分なりにストレスを解消する方法を持っている人はリフレッシュできるので、海外生活を継続することができるのです。

 

日本食を食べることやお酒を飲むこと、運動やダンスなどで体を動かすなど、自分が本当に好きなことで楽しむことができる人は、海外生活に疲れてもまた頑張ることができるのです。

学ぶことが好き

何と言っても、海外で暮らしていくには語学を身につけることが必要です。スピードは人それぞれだとしても、学ぶことが好きで、教わることを楽しむことができる人は、必ずたくさんのことを身につけることができます。

 

言葉だけでなく、海外生活では違った習慣やルールに慣れていく必要があるので、たくさんの学びが必要です。そのようにして日々学ぶことを苦に感じることなく、楽しむことができる人の方が、海外生活に向いていると言えるでしょう。

最後に

いかがでしたか?海外生活を楽しめるかどうかは、その人が海外に向いているかどうかということがとても重要です。自分が選んだ国によって、それぞれ全く違う文化があるので、世界には必ず自分とぴったり合う国が見つかるのではないでしょうか。

 

新しい発見や物事を、楽しむことができ、なおかつ一人でいても楽しめる人が、海外生活に向いているのかもしれませんね。

この記事を書いた人

KANA
KANAフリーランスライター
イギリス在住のフリーランスライター。イギリス・ブライトンで1年半の留学を経てイギリス人と結婚。現在はケント州在住。美容記事、海外生活記事などを執筆中。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!