気軽に誘えるボーイフレンド(男友達)はいますか?

0

お世話になっております。ひよこです。

ボーイフレンドって、響き良いですよね・・・。

英語だとボーイフレンドとは、「彼氏」を意味します。

日本語に訳すと、「男友達」なので男性の友達って感じなのですが。海外の人に、「ボーイフレンド」と言う時には気を付けましょう、「何人もボーイフレンドがいる」と言ったらちょっと誤解されてしまうかもしれませんので。

と言うわけで、今回は日本語としてのボーイフレンド(男友達)について考えてみたいと思います。

 

「友達以上、恋人未満」はちょっと微妙

私には、気軽にお酒が飲みに行ける男友達が数名います。仕事が忙しくて、なかなか会えなかったりしていますが、長い付き合いになると5~6年付き合っている男友達がいます。

田舎から東京に引っ越して来た私にとって、上京直後は周りには一人も男友達がいませんでした。と言うか、よく考えたら、30過ぎるくらいまで男友達って居なかったかも・・・。

会社の先輩、同僚にもちろん男性は大勢おり、気楽に飲みにも行っていました。が、彼らはあくまでも会社の人間関係なので、転職してしまうと付き合いもそれっきりとなってしまう。

私にとって、恋愛対象となる男性と、友情対象となる男性のタイプがはっきりと分かれています。そのため、友人から恋人へと発展した関係は今までひとつもありません。

ドラマなどであるような、「友達以上、恋人未満」というものは、私には無縁です。そして、なにより、意味が良く分かりません。一体、どんな関係のことを指しているのでしょうか?分かる人いたら、教えてください!

さて、私の場合、「好き!」となったら猪突猛進、ガンガンと攻めていきます。逆に、「彼氏候補ではないなぁ~」と思えば、その人との関係は、「友達」として大切に継続していきます。もちろん、彼に私の知り合いを紹介したりもします。

男友達のメリット

今の私にとって男友達の存在はすごく大切です。あなたや私にはない、男性目線で物事を見て、意見を言ってくれるのは大変勉強になります。また、私の日常にはない仕事や趣味の話などを聞くとワクワクします。

現在の私の男友達は32歳~48歳と幅広いラインナップです。はい、もちろん既婚男性も含まれています。怪しい関係は一切ないので、隠れてこそこそ会ったりすることもありません。

年下の男友達(32歳)は、会うたびにどんどん成長していて(むしろ母目線)、話していると元気がもらえます。年上の男友達(44歳)は、日本中を飛び回る仕事をしており、出張先の話はいつ聞いても新鮮です。

美味しいお酒を飲みながら、そういった話を聞いていると、「私も負けないぞ~、もっと頑張ろう~」って思えてきます。

これが、対女性だと、ちょっと嫉妬してしまったり、素直に共感できなかったり・・・なんてこともあったりします。これがきっとマウンティング、とかいうのかなぁ。もちろん、女性同士でも飲みに行きますし、いつもいつもマウンティングなんてしていませんが・・・

おわりに

「男女の友情は成立するのか」、この言葉もよく聞きますよね。あなたはどう思いますか?

私の中では、「成立する」となっています。もしかしたらそれは、私自身がアラフォーと言う年齢になり、男性への免疫が出来てきたからかもしれません。前述したように、学生時代にはまったく男友達はいませんでした。今思えば、異性というだけで意識してしまって、どんな相手にも少なからず「恋愛感情」を持ってしまっていたからなのかもしれません。相手に良く思われたい、好意を持ってもらいたいという気持ちが大きすぎて、今よりずっと「女性」を意識して振る舞っていたのかもしれません。

その後、自分の人生の経験が増えたことで、目の前にいる男性を「人として好き」かどうかで判断できるようになったと思います。異性だからと意識しすぎることなく、友達として付き合える男性がいるとあなたの人生ももっと楽しくなると思います。

ぜひ、ぜひ男友達を沢山作っていきましょう。あ、そこからもちろん、本命彼氏を見つけるのもアリアリ、ですからね!

では、またねん。

この記事を書いた人

ひよこ
ひよこ
1970年代生まれのO型、肉食女子です。猪突猛進、と言われ続けて早20年。毎日、沢山笑って、沢山話して、沢山幸せを感じながら生活できるように、日々、精進中!趣味は、お酒と、読書。あと、合コンセッティング。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!