ひとりの大人として、自分の健康管理出来ていますか?

0

こんにちは、東京みどりです。
最近、忙しすぎて心身ともに疲れています。
以前に、ワークライフバランスについて書いた途端に仕事が忙しくなりました。
私の場合、忙しくなってくるとどうしても生活が不規則になってきます。
もともと、朝ご飯は食べません。昼は会社の同僚とランチ、またはコンビニなどで買ってきて食べます。夕ご飯は、飲み会に参加したり、ひとりの時にはヨーグルトを食べて終わりにしたり。
改めて、書きだしてみると食生活はひどいものになっています。

女性の身体はとっても繊細

私たち女性は、女性ホルモンによって、体調も気分も大きく左右されるものです。生理前にイライラしたり、感情的になったり。胸が張ったりすることで生理が近づいてくることを感じる人もいると思います。年齢を重ねるにつれて、このホルモンバランスも崩れがちになり、いくら健康に気を付けていても、体調を崩すことも出てきます。
最近の私のように不規則な生活、乱れた食生活をしていたらホルモンバランスの崩れも大きくなります。また、不規則な生活のために、身体から疲れが上手く抜けていきません。
まだまだ、30半ば・・・これから人生もっと楽しんでいきたい!と思っているのに、身体が付いていかないなんてことは悲しすぎます。今回は、真面目に健康について考えてみたいと思います。

食生活、特に「腸」はちょー大切です

読書好きな私です。
いつも何か知りたいことがあると本を読みます。

今回は、身体を健康にしたいと思い、こんな本を読んでみました。
「脳はバカ、腸はかしこい」藤田 紘一郎

内容紹介
バカな脳は自分だけが満足すればいいので、甘いものや煙草やアルコールがやめられず、その
たびに身体(腸)は悲鳴をあげています。人間をコントロールしているはずの脳は、じつはダ
マされやすい、偏見まみれの自惚れ屋でした。
悠久の生物の歴史では、40億年前にまず腸ができ、そのずっとあと5億年前にようやく脳が誕
生。生物と腸とのつきあいは長いものの、脳とのつきあいはまだ短く、それゆえ生物は脳をう
まく使いこなせていない。
「腸内環境を整えることでドーパミンやセロトニンなどが脳に運ばれ、良好な精神状態が作ら
れる」とする著者自身の最新研究成果も盛り込み、「脳」と「腸」の関係性について、わかりや
すく紐解きます。
引用:アマゾン
どうやら、腸内環境を整えるとほとんどの病気を治してしまう、とのことです。鬱の原因も腸にあるらしい。もともと、便秘がちな私です。かつ乳製品、発酵食品などもほとんど食べていない私の腸内環境はまったくもってひどいことになっていると思います。
この腸内環境の悪さが、私の気分の浮き沈みを作っていのかも知れない、と単純な私は本を読んだだけで思ってしまいました。

とりあえず、最近は「乳酸菌」の錠剤を飲み始めました。

読書好きの欠点として、頭で考えることが多いです。知識ばかりがため込まれすぎて、実際に行動をしていないことがあります。
私自身、「XXをすれば好転する」という、XXの部分は理解しています。それは本から学んでいるのです。分かっているのに、出来ない自分に対してよりストレスが溜まるのが分かります。

ダイエット本でも同じです。書いてあることをすべて実行すれば痩せるに決まっています。分かっているのにやらない自分に、本当にストレスを溜めてしまいます。

今回の本を読むと、頭で考えるのではなく、「腸」に任せることが必要と言うことが分かりました。頭でっかちになってしまった私たち現代人は、もっともっと昔の生活に戻って、「腸」を綺麗にして、本能で動く必要があるとのことです。納得しました。

くるみにもものすごいパワーがある

先日、知人から「くるみ」も、鬱や身体不良にとっても効果があると聞きました。手のひらに乗るくらい、5~7粒くらいを毎日摂取するといいそうです。少量でおなかも満たされるため、ダイエットにも効果的です。
くるみに含まれるオメガ3脂肪酸は摂取が必要な必須脂肪酸なのだそうです。
飽和脂肪酸は肉や乳製品などに、一価不飽和脂肪酸はオリーブオイルなどに、多価不飽和脂肪酸は主として魚に多く含まれています。くるみは飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸を1:7の比率で含み、自然界で最も多価不飽和脂肪酸が豊富な食物の一つです。
多価不飽和脂肪酸のαリノレン酸のオメガ3脂肪酸、リノール酸のオメガ6脂肪酸は、体内で生成されないため、食物によって摂取するしか方法がありません。これらは、人の生命にきわめて重要な成分であり必須脂肪酸とも呼ばれています。
引用:カリフォルニアくるみ協会
http://www.californiakurumi.jp/health/fat
どうやら、この多価不飽和脂肪酸というのがとても体に良いみたいです、プラス体内では生成されないものらしいのです。クルミには、この脂肪酸がたっぷり入っており、毎日摂取しても大丈夫とのことです。
いま現在、実際に不規則な生活、乱れた食生活、プラスちょっと気分が落ちている状態の私ですから、摂取する食べ物を変えることでどこまでそれが改善されるのか、自分自身を実験台にしてみようと思います。
断捨離の時と同じく、自分がどれだけ年末に向けて変わっていけるのか、それが今の私の課題です。

さいごに

英語に「You are what you eat」というフレーズがあります。直訳すると、「あなたは食べたもので出来ている」です。翻訳サイトでは、「健康は食べ物で決まる」です。
実家に暮らしていた時には、母親が朝・昼・晩と食事を作ってくれていました。その時には、当然のようにそれらをいただいていたのですが、今となって考えると、それがどれだけありがたいいことかと感じます。
当然のように季節の野菜やフルーツがあり。焼く、煮る、蒸すなど様々な方法で調理してくれていました。どれだけの手間と愛をかけてそれを作ってくれていたのかと思うと胸が熱くなります。
そうやって、母親が私を健康に育ててきてくれたのに、ひとり暮らしを始めてそれらをどんどん壊していっているのかも知れないと思うと、本当に申し訳ないです。
改めて、ひとりの大人として自分の健康管理だけはしっかりとしていきたい、と思いました。
少しでもあなたの健康意識にも変化が出てきたらいいな、と思います。
今回は以上です。
みどり

この記事を書いた人

東京みどり
東京みどり
読書と食べ歩きが大好きな都内在住の30半ばOL。

外見、内面とも自他ともに認める「平均的女性」。ハウツー本を読むばかりでなかなか実行できないのが悩み。今後の目標は、活動的になること!アウトドアに挑戦すること!

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!