前向きに、ポジティブに生きるには、今に集中すること

0

いつもお世話になっております。ひよこです。
先日、殿方とデートをしている時に、ふと気がついたことがあり、書かせていただきます。
基本は、殿方とデートしている時には、明るく前向きな女性を演じている私ですが、どうにも仕事で落ち込むことがあり、その日は、ちょっとトーンダウン気味の私でした。
お酒を飲んで楽しく過ごせば悩みも忘れられるかな、と思っていたのですが、なかなか頭から悩みごとが離れてくれません。
目の前にいる殿方はとっても楽しそうに過ごしています。私以上に重責のある仕事をしているし、デートの間中も仕事メールをまめにチェックしている。それにも関わらず、目の前の彼は楽しそうにしています。
「楽しそうですね」と言うと、「楽しいよ~」と、屈託のない笑顔。
「私は、つい悩み事があると考え込んでしまって・・・」とつい、愚痴ってしまいました。

「今に集中する」それが人生をポジティブに生きる秘訣

彼曰く、「問題が起きた時に対処するようにしている」「起きていない(心配事)ことに心を乱されない」をモットーとしているとのこと。
男性は、女性と比較しても問題解決能力が高いなぁ、と思うことがしばしばあります。うじうじと悩むことはあんまりない気がします。もちろん例外もあると思うのですが、私のように、心配事をわざわざ見つけてきて、悩むようなことはない気がします。
私の場合、「起ったらどうしよう」と悩む時間が非常に多い。これって、本当に非生産的で無駄なことだなぁ、と頭では理解しています。それでも、気持ちがどうしてもそちら(心配事)に引っ張られてしまうのです。だから、目の前で楽しいことが起っていても、100パーセント楽しめていない。
あなたにもそんな時ってないですか?
良く言われることですが、心配事の9割以上は実際には発生しないといわれています。その残り僅かな数パーセントの事態を想定して日々、悩むことの無駄なこと・・・。分かっています、とほほ。
こんな状態を打破したいと、いろいろと検索していたら、「マインドフルネス」と言う言葉が見つかりました。最近は、意外と知られてきているようですね。ご存知ですか?
マインドフルネスでは、「今、ここ」に集中することの大切さを説いています。私たちの気持ちがぶれて、落ち込んだりするのは、「今、ここ」に集中していないから。
確かに、その時に何も起こっていないのに、悩んでみてもしょうがない。何かが起った時に適切に対応することが一番重要だと思います。
これは、ビジネスにも、恋愛にも言えることですよね。何かを恐れていたら、確かにぐるぐる悩むばかりでどこにも行けない気がします。ほんと、時間と気持ちの無駄ですね。

マインドフルネスって、難しい

「今、ここ」に集中するマインドフルネス。これは、意外と難しいのです。こうして記事を書きながらも私の思考は過去に、未来に飛んで行っています。
目の前にあることに集中することって難しい、だからこそ重要なんだと思います。常に、目の前にあることに全力で取り組んでいたら、確かに、悩む時間は激減します。つまり、つまらないことに時間を費やすこともなくなるということです。
マインドフルネスの入門として、「呼吸に集中する」と言う瞑想があります。私自身も何度かトライしたことがあります。起床後や就寝前に行うことで自分の心を「今、ここ」に集中させることが出来ます。
やってみると分かるのですが、これが意外と難しいです。つい、自分の思考に引っ張られてしまって、呼吸に意識することが難しくなります。
マインドフルネス瞑想のやり方
1. 背筋を伸ばして座り、足を組んで、視線を下に向けます。
2. 自然に浮かんでくる思いと、人為的な考えとを区別します。
3. 繰り返し過去を思い出したり、未来への不安で気が散るようなら、それを最小限に抑えるために、こう考え直してみます。「過去も未来も、現在の私の心の中の想像にすぎない」。
4.瞑想中は、ちょうど船の「錨」のように、呼吸が集中をつなぎ止めてくれます。
5.息を吐くたびにひとつ数を数え、21まで数えたらまた1に戻ります。
6.思いが浮かんでくるのを無理に抑えようとせず、心を自然に任せます。
引用:記憶力や免疫力をも上げる? 「マインドフルネス」とは結局何なのかhttp://www.lifehacker.jp/2014/01/140124mindfulness.html
また、これを実践してみることで、私たちがどれくらい日々、いろいろな思考に振り回されているかを感じることが出来ます。

現代の人間は、金魚よりも集中力がない!

先日、ネットニュースを見ていたら、かなり衝撃的な記事を見つけてしまいました!
ふと昨日やってしまったミスを脳内再生した次の瞬間に、明日までにやらなければならないことを心配し、頭がいっぱいになることなど日常茶飯事です。
Microsoft社による研究では、現代社会において、人間の平均的な集中力の持続時間は、情けないことにたったの8秒。つまり、現代の人間は、金魚よりも集中力がないということです。
このことは、大概多くの人が、今の瞬間をほとんど「生きていない」ということを意味しています。そして、それはあなたの健全な生活に深刻な影響を与える可能性があります。
引用:現代人の集中力は金魚以下。解決法は「マインドフルネス」 http://www.excite.co.jp/News/it_lf/20160830/Lifehacker_201608_160830mindfulnes
仕事では、マルチタスクをすることを求められ、日常生活でもいろいろな雑事に追われている状態です。忙しい私たちの生活は、常に何かを決断したり、思考したりすることを求められています。
それは、避けようがないこと・・・でも、その中でも「今、ここ」に集中することで少しでも悩みが解消したら嬉しいですよね。実際には、悩むこと自体に費やす時間を軽減することが出来るだけでも、気持ちの落ち込みは激減すると思います。
瞑想の時間を作ることが難しい、そもそも、瞑想自体を上手くできない、ということもあると思います。そんな時には、とにかく目の前にある、「今、やるべきこと(タスク)」に集中することをお勧めします。ひとつの仕事を完成させるまでは、他のことに手を付けない、10分間はこの仕事に集中するなど自分なりのルールを決めてやってみましょう。

人生ってそんなにネガティブなことばかり起きない(はず)

ネガティブ思考に陥っている時には、悪いことが連鎖的に起きている気がします。でも、現実を見てみると、そんな中でも良いことが起きている場合もあります。つい思考がネガティブになっていると悪いことばかりに目が行きがちですが、自分の人生の全体を通じて見てみると、きっと良いことも沢山起きているはずです。大きな幸せではないかも知れないけれど、小さなラッキーは必ず毎日どこかしらにあると思います。
逆にネガティブ思考になっている時は、そこばかりに目が行きがちなので、意識的に良いことに目を向けるようにしましょう!「今、ここ」に集中していると時間が経過するのも早いし、あっという間に一日が過ぎていくことを実感できるはずです。そして、とても充実した時間を過ごせるようになるはずです。
書いている私自身も、マインドフルネスの考え方を理解してはいても、実践するのは難しいと感じてはいますが、それでも徐々に、「起っていないことで悩む」ということのばかばかしさや、もったいない時間の過ごし方について感じるようになっています。
今回紹介したリンク以外にも、マインドフルネスは、Youtubeで検索すると、実際に音声ガイド付きで瞑想方法をレクチャーしているものも沢山ありますので、時間がある時に見てみるのも良いと思います。
常にポジティブに考えるのは難しくても、せめて、常にネガティブに考えるのだけはしないように、これは意識して変えて行きましょう!
人生って、トータルしたら絶対にポジティブでハッピーなことの方が多い気がします。そうじゃなかったら、悲しすぎるから・・・。
では、またねん。

この記事を書いた人

ひよこ
ひよこ
1970年代生まれのO型、肉食女子です。猪突猛進、と言われ続けて早20年。毎日、沢山笑って、沢山話して、沢山幸せを感じながら生活できるように、日々、精進中!趣味は、お酒と、読書。あと、合コンセッティング。

SHARE.

皆様のご感想をお寄せください!